こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

スポンサー広告 > 謎解きの国のアリスⅢ-①
イベントレポ > 謎解きの国のアリスⅢ-①

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

謎解きの国のアリスⅢ-①

2008/11/16(日) 19:35:05 イベントレポ THEME:その他 (ジャンル : その他 EDIT
鯖がむちゃくちゃで、今全く書き込みょできない状態なんです。
なので、応急処置として、まずこちらにレポをアップします。

いずれ鯖の調子が良くなったら、専用レスをサルベージしてきて、50レスほど使って書き込みをしますねww

…そう、PCのメモにこつこつ書いてたら、なんと9,700字以上になってしまいました…。
9.700÷200=……たははーごめんなさい……。

では、長いですが、よろしくお付き合いくださいね。

公開講座【謎解きの国のアリス Ⅲ】

昨日の天気予報では曇り時々雨となってたんですが、朝は晴れてたし薄い雲がかかるくらいで、まずまずのお天気でした。
それに今日も暖かかったしw
おかげで、ちょっと睡眠不足のツケが来て、行きの電車内でもウトウト……。

念願の(?)京阪中ノ島線、渡辺橋駅下車。七番出口を上がると朝日新聞ビルが真横にありました。こりゃ早いわ♪
…ただ、本線の淀屋橋駅始発よりも本数が少ないので、痛し痒しです…。

着いたのが12時半過ぎ。ちょっと足を伸ばせば堂島アバンザのジュンク堂にも行けるんですが、まずは教室の前まで行ってみようとエレベーターで5Fへ。

そしたらもう人がいましたよ。それもサイン会とtかこういうイベントで必ずと言っていいほど顔を見る女性で、多分(同人関係の)ファンのサイトの管理人さん。
もうこれは並んでるしかないわと思って、持参した図書館の本を黙読。(返却日が明日だというのに気がついて、電車の中でも急いで読んでた)

13時開場。その頃にはもう長蛇の列ができてました。
で、受講票を提示して中に入ると。
これまでの2回とは全く違うんです、ひな壇とテーブルの向きが。(同じ教室なんですけど)
今までは、長方形の教室の、長い壁の真ん中に先生方が着席なさって、受講生がカーブを描くようにぐるりと囲んでたんですけど。
今日は短い方の壁の一方、全面窓ガラスを背に先生方の席があって、テーブルが2列、ずらーりと後ろまで並んでました。高校までの教室のような感じ。

13時30分、まず河内厚郎氏が入場、有栖川先生のお姿がないなあと思ったら、河内氏が
「あ、今トイレに行ってます」
そんなこと言わんでも…(苦笑)

で、しばらくして有栖川先生も入ってこられて、どっちの席に座る?とかなんとかぐだぐだしながら、ゆるーりと着席されました。

まず朝日カルチャーセンターの女性スタッフの前置きがあるんですけど。
ここでイキナリ河内氏が携帯を取り出して、何やら電話を始めてしまいました。ほんまに前置きの最中なんですけど!
なんでも、今度の12/6(土)に、このお二人、また対談されるんですよ。そのチラシが届いてないんやけど、どないなっとんねん?無かったらこの日誰も来てくれへんでー★という(苦笑)
…そういうのは、楽屋とかもうちょっと前に済ませといてください…。
あ、そうそう、今日は血液型の話は封印するってことで(大笑)いつもこれで脱線するんですよね話が…。

で、マイクを着けて。
まずおもむろに始まったのが、阪神タイガース(笑)

今年、阪神は夏までは23ゲーム差くらいあったのに、9月以降は全く元気がなくて結局負けたでしょう。
黄色い血が流れているらしい有栖川先生に河内氏「どーでした?」
先生は、9月始めにはもう、優勝は諦めてたそうです。勢いが無いから。巨人の勢いの方が勝ってたから。
9月の東京でのサイン会の時、よく阪神負けてますけど大丈夫ですか?って心配されたんやけど、その頃にはもう優勝はないって覚悟してたそうです。
そのサイン会に中日ファンの女の子がいて、「阪神どーしたんですか?!(中日の為に)巨人を倒してくださいよ」と言われたそうなんですけど、中日に頼ってたのは阪神の方やから(笑)

以前、日本シリーズで阪神×ロッテで日本一を決めるという年。
阪神は屈辱の4連敗。うち3敗は10点以上取られたという…結局4試合で33点とられるのは……。
その時新聞を見たら、優勝したロッテは“ロッテリアでバーガー半額”…「タダで配らんかい!」
で、阪神の方はというと…甲子園の近くのショッピングセンター(多分、ららぽーと)の広告…“ヤケ買いは地元で!”(素晴らしいキャッチコピーやねby河内氏)

で、ミステリのインタビューを受けていて、その中で阪神とは?と聞かれた先生。
その時、横にいた編集者がこれまた阪神ファンで、その人が言った言葉が「僕の代わりに勝ったり負けたりしてくれるもの。自分の人生(日常)で勝ったり負けたりは嫌」と仰ったそうです。
阪神ファンにも二通りあって、昔からのファンではなく2003年以降のファンは、「阪神が強いから託す」強いものを好きになるのが人間。
昔、強かった巨人に立ち向かう存在として阪神を捉えていたし、それがカッコよかった。
人間、勝った回数が多いからエライ、というのとは違う。たまに勝つから、勝った味わいがある。
今年の阪神はの負け方は、「いやあ、恥ずかしい」という感じ。

ただ、野球と人生が違うところは、野球は毎年、ゼロからリセットされる。勝とうが負けようが。
でも、今年の失敗は来年も持ち越しなのが人生。

野球の話が長いっす……有栖川先生は、しきりに長話になるのを気にしておられたんですけど河内氏の口が止まらない(笑)
巨人の話も出ましたよもちろん。
ただ、巨人ファンのかたの為に割愛します(爆)
あ、今度のWBCの監督に原さんがっていうのは、ああそれもありかなって思ったそうです。

そしたら突然河内氏が、「こないだお茶屋遊びで野球拳しましてね」……「服を脱いだんですか?」「いやいや、扇を投げたりとかね、そんなことを。有栖川さんも誘おうかと思ったけど、お酒飲めへんでしょ、そんな人がその場にいたら気を使わはるんちゃうかと気を使って…」(有栖川先生に代わって突っ込んでいいのか笑っていいのか…苦笑)
大阪にもお茶屋さんてまだあるんですよーと河内氏。
今日、受付で対談本『大阪探偵団』が10冊ほど販売されてたんですが、その話に。
この続編も出したいとか。「もうタイトルも決めてますねん。“なにわミステリー道”って」有栖川先生が聞き返す時、「おおしゃか(頬をぺしっと。噛んだ先生。大阪と言いたいんですね)大阪探偵団を踏襲するんじゃなくて?」

ここでようやく大阪の話になりましたよ…。
スポンサーサイト
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。