こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

新書 > 『ニュースの裏を読む技術』 深澤真紀 著

『ニュースの裏を読む技術』 深澤真紀 著

2013/05/08(水) 16:44:05 新書 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
ニュースの裏を読む技術 「もっともらしいこと」ほど疑いなさい (PHPビジネス新書)ニュースの裏を読む技術 「もっともらしいこと」ほど疑いなさい (PHPビジネス新書)
(2012/12/19)
深澤 真紀

商品詳細を見る



 超お勧め!
 団塊の世代のお父さんお母さんから、いま二十代の若者達まで、とにかくたくさんの人に読んでほしい。とくに上の世代の人、読んでちょっと反省したほうがいい。


くどくどは書きません。てか、興奮してて書けません(笑)

草食(系)男子、という言葉をつくった著者の、メディアリテラシーを説く本。

草食男子、を、ネガティブな言葉やイメージに捉えてた人(わたしもです)、必読。誤解ですそれ。
もともとの意味って、そういうことなのですよ。
草食男子を、日本をダメにした犯人だというイメージで居る人、謝りなさい本当。
悪いのは、どう考えても団塊の世代じゃねーか。

ほかにも、気持ちのいいトピックが続きます。
若者が海外留学しなくなっただの、女性労働力の低下、少子高齢化、晩婚化、ぼっちとリア充、鬼女やデモ、自殺率、日本のガラパゴス化の何が悪い?「ゆとり世代」って戦後の日本で一番いい世代なんですって!へええぇぇ!……などなど。
あと、大マスコミは信用できなくてネットなら信用できるってなんやねんそれ。

このデータ見ても、そう思うか?

まあ、そんな風に。
一般的に流布している見方について、データを全部添えて反論されているので、わたしはどれだけメディアのレトリックに目がくらんでいたかが本当によくわかります。

日々、わたし達の前にぽいぽいと差し出される見出しには、その裏に、ばっさり切り捨てられ削ぎ落とされたもっと幅広いデータがある。
わたし達は、自分の頭で考えなさいといわれるけれどその前に、手間を惜しまずに調べなさい。そういうことです。

ネットの海に漂う人、特にTwitterやってる人は全員読んでもバチ当たらない。むしろTwitterというツールがもっと良くなる。

「いかにも」「もっともらしい」文章や言説を目にしたら、疑いなさい。という一冊。
超を10個つけてもいいくらい、お勧め。読んで読んでお願い。

わたしも、折に触れて読み返そう。たぶんすぐにまた、ネットの毒に呑み込まれるから。そしてそのたびに肝に銘じます。
スポンサーサイト
Comment (-)

ページの最初に戻る