こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

スポンサー広告 > 『ケルベロスの肖像』 海堂 尊 著
海堂 尊 > 『ケルベロスの肖像』 海堂 尊 著

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『ケルベロスの肖像』 海堂 尊 著

2012/07/22(日) 00:41:02 海堂 尊 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT

 ええと、このブログに読書感想を書き殴って数年経ちますが、今回は、初めてのスタイルになります。
 できれば、PCからの閲覧をお願いします。






夏の花火大会、最後のナイアガラの滝が終わってしまいました。
田口・白鳥シリーズ本編、全作品、すべての花火を、心から愉しみました。


『チーム・バチスタの栄光』

『ナイチンゲールの沈黙』

『ジェネラル・ルージュの凱旋』

『イノセント・ゲリラの祝祭』

『アリアドネの弾丸』

そして『ケルベロスの肖像』

色とりどりで、どきどきワクワクする、そして拍手喝采の、素敵な打ち上げ花火でした。



豪華絢爛で、破壊と再生を繰り返す、桜宮サーガ本編。
もうしばらく、この余韻に浸っていようと思います。


(2012.7 宝島社)
スポンサーサイト
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。