こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

イベントレポ > 【妖しの世界への誘い】レポ4

【妖しの世界への誘い】レポ4

2011/07/26(火) 18:42:42 イベントレポ THEME:その他 (ジャンル : その他 EDIT
さてここからですよ!ていうかわたしは、この時を待ってたんですよ!←ひっでぇ!
なんとか有栖川先生と直接お話できないものか☆

ということで、イベント終了後のお約束、出待ちタイム!レッツテキーラ!(←巻き舌でお願いします。京都人でα-ステーションリスナーにしか分からないネタ)(そして特に意味は無い)


ロビーでは、谷崎作品、横溝作品(本陣とか獄門島とか超メジャーなもの。綾辻先生のオビコメントのがあって思わず買いそうになった…)、そして有栖川先生の近々の文庫が何作か。女王国とか。
さすがに家に揃ってるし既にちゃっかりサインも頂いてるのでスルーしましたよ。

ホールを出る時にようやくKさんとも合流できて、いったん玄関を出たものの、有栖川先生の奥様発見!とか、戸川さん見ましたよ、とかで一気にテンション上がった(笑)
で、以前のサイン会で猫絡みで奥様にどえらいご迷惑をかけたので、お友達と2人して奥様ににじり寄って(笑)、ご挨拶と同時に平謝り。そしてやっぱり、奥様とわたし達は猫談義。懲りてない懲りてない(大笑)Kさん、引いてはりました…。
あの時はごたごたしてて里親にはなれなかったけど、今でもたまに野良猫探してみたりしてるんですよー、と奥様。まあ、こればっかりはタイミング、ご縁ですしねえ(笑)
有栖川家の桃ちゃん、元気だそうです。ほったらかしてるんですけどねーとおっしゃる奥様。
で、桃ちゃんてば、耳を後ろに倒して話を聴いてたり、有栖川先生に構ってほしくて先生の足の甲にちょこんと尻尾の先を乗っけてみたり。か、可愛い~~それ写真に撮りたいですうwww←猫バカ

そんなことを話してるうちに、有栖川先生のお姿がっ!
奥様が手を振ってここよーって。ほのぼの。いいなあ。
先生はロビーで何やらお仕事の話っぽいので背後で待機(怖い)、その時、前から気になってたことを奥様に訊いてみました。
「あの、以前から思ってたんですけど、サイン会とかでお目にかかるたびに思うんですけど、先生って、タバコのにおいはもちろん、加齢臭もなくて爽やかなんですけど、何か(デオドラント対策)なさってるんですか?」
いやー、ウチのダンナがもう加齢臭でクサイクサイ!と。
そしたら奥様、特に何にもしてないですよ、って。そうなんですか!いいなあ。
食べ物に気を使っておられるとかいうのもなく、奥様によると、日頃からぽや~っとしてるからじゃないですか?って。えええ!じゃあウチのダンナもぽや~っとさせればいいのか!(笑)

お友達と待ち合わせという奥様とここでお別れ、先生にじりじりと近付く怪しい三人(笑)

そしてようやく、有栖川先生にご挨拶。
ワタクシ、すかさず持参した本2冊にサインいただきましたー!

2冊ともアンソロジーなんですけど!(苦笑)
いやもう、単行本や文庫や、サインいただいてるのがほとんどなんですもん。

で考えたのが、『Anniversary50』(ノベルス)と『七つの死者の囁き』(文庫)の2冊。

さてここで問題です。何故わたしはこの2冊のアンソロを選んだのでしょうか?

……もったいつけても誰も興味ないですねすいません。正解は、
『50』の方は、綾辻先生はもちろん、田中芳樹御大の作品も収録されている。
『七つの~』は…、はいお分かりですね小路さんもこのアンソロに参加されてるからなんです。バクシリーズでしたね。

ということで、この2冊のアンソロは、たとえ収録作品が単行本にまとまって別に出たとしても絶対に手放せない、宝物のアンソロジーなんですwww

えーこほん。失礼しました。

さすがにこの2冊、どこにサイン入れていいのか先生も悩んでおられました…申し訳ありません(苦笑)

で、やっぱり訊いてしまう新情報何かありませんか?ということで、

「『喇叭』の続編ってどうなってるんですか?」とお聞きすると。と!

「書きましたよー」

書きましたよー、ってことは、執筆終わったんですね!おおおおお拍手拍手☆

で、はい、先生からの情報です。

『喇叭』の続編は、9月15日に発売です。
講談社版『闇の喇叭』も同日発売です。


やたー♪♪9月ですよ9月15日ですよー皆様ー!

実は8月に出ますってアナウンスされてたのに、何故9月になったか。

それは、講談社の都合だそうな。えー。
なんでも、その直前に東野圭吾先生の新作が出るんですって。で同じ月に出すのもなんなんで、ということで有栖川先生のがちょっとズレこんだらしい。えええー。そんなあ。

くっそうひがぴょんつよい…。

ま、いいよ発売日が決まったなら。サイン会も当然あるものと思ってますので、予定たてやすいしwww

もうひとつ、国名シリーズについて。
先日、綾辻先生がTwitterで、「有栖川さんが言った『ドイツ牛蛙の謎』が頭から離れない云々」ってアレはいったいどういうことで?

ああ、綾辻さんが言ったやつね、書くなって(笑)と言いつつ、あっさり裏話。

ミステリジョッキーの対談を、大阪の太閤園でやったときに、目の前にウシガエルが居たんですって。

それだけ。

…それだけ…?

ほーらね、謎は謎のままの方が魅力的なこともあったりしませんかー?(笑)

さすがにここでタイムリミット。ていうか、ホールのロビーにいた人がもう早く帰れオーラぷんぷんで(笑)すいませんすいません★

先生と奥様に御礼をして、失礼してきました。
はふ。満足ーwww

ハイテンションのまま駅に向かい、Kさんとは改札でお別れ。
いろいろとありがとうございましたー!今度は『喇叭』続編のサイン会でお会いしましょうねー!(8/20の大阪城のイベントは無理です…主婦はなかなか…)
芦屋から大阪駅に出て新しい大阪駅に目を丸くしながら(梅田の地下街も迷宮ですが、大阪駅も迷うよー!どこにいけば御堂筋線の切符改札口があるの?なんで御堂筋線の矢印と茶屋町出口が同じ方向やねん!と?マークをふよふよさせながら歩きましたとも。毎日大阪駅に通う人でないと無理。うん)御堂筋線に乗って、わたしは先に淀屋橋駅下車。
お疲れ様ー、お互い身体壊さないようにしようねー、といいつつ。

ずーっと猫の話しかしてなかったりする2人なのでした(笑)

おしまい。

長々とお付き合い、感謝です。
辻褄合わなかったり、とっちらかってたり、意味不明な箇所もあったかと思いますが、これ以上の解読はできませんでした…ご了承ください。
スポンサーサイト
Comment (-)

ページの最初に戻る