こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

スポンサー広告 > 【妖しの世界への誘い】レポ3
イベントレポ > 【妖しの世界への誘い】レポ3

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【妖しの世界への誘い】レポ3

2011/07/26(火) 18:40:30 イベントレポ THEME:その他 (ジャンル : その他 EDIT
…ここまできてもまだノートの解読に難儀しております…もはやわたくしの脳内妄想と言った方が正しいかもしれません…。
ともかく、シンポジウムはこのレポ3までの予定。予定は未定。ぜぇはぁ。


永井氏「探偵小説とは、本格と変格に分類されまして、本格が推理小説・横溝作品。変格は幻想小説で谷崎作品。
谷崎から横溝への影響というと、反自然主義的な思考ですね。
『金と銀』が横溝の『鬼火』に、『秘密』が『ある女装冒険者の話』に、これは女装する人物に違いはあるものの相手の正体が分かった瞬間に興味が覚める、といったところが共通しています」

次に有栖川先生に、三人について。
有栖川先生「ロビーに並んでいますので是非買っていただきたい。ということで面白そうに話さないと(会場笑)
さっき出ました『途上』とかね。乱歩は面白いというが「妻がかわいそう」と。嫌がらせ殺人ですからね。探偵が「あなたはこんなことをしましたね?」とか気持ち悪くない?(会場ウケてる)

乱歩の『パノラマ島奇談』が好きなら『金色の死』は必読です。(ここで永井さんに向かって)(ロビーに『金色の死』)ありますよね?ここまで言ってて無かったらイヤガラセですよ(笑)」

谷崎は戦中に『源氏物語』の現代語訳に取りかかってて『細雪』もこの頃。疎開先は岡山で、まわりから見れば贅沢な疎開生活をしていて、同じ岡山に横溝の疎開して来るがこちらもやはり恵まれた生活で、一番太ってました(笑)

横溝は玉音放送を聴いてすぐに執筆にかかり、『本陣殺人事件』を発表、戦後の探偵小説文壇を引っ張ります。

疎開で一番飛躍したのは正史。

“暗黒の時代”の乱歩について、『芋虫』は“発禁”、他は“自粛”。
平井氏によると、昔はそれほど作品を書かない時代で、再版に頼る生活だったので金が貯まったらフケていた。雑文や科学小説もどきを書いて凌ぐも生活は苦しい。バカでかい家の維持費もかかる。そのヒマで『貼り混ぜ年譜』を。
人嫌いであった乱歩がその頃には町内会の役員として人付き合いを愉しんでいた。それまでは居留守や原稿書かないとかだったのに、仲間を集めて週一で宴会したり。

福島への疎開に貨車二台!しかし経済的に困って就活を始め、履歴書を返されたことも。
玉音放送の翌日16日には「その履歴書はなかったことに」と乱筆で。嬉しかったんですね。
やっと海外の新作が読める!と、GHQが持ち込んだ海外の探偵小説を古本屋さんで買い漁りました。

谷崎は「関西移住以前の話はダメ」で、京都の日新電機が保有する「石村亭」に縁がある。白沙村荘の当主と親しくて宿泊したりも。(このあたりは検索して初めて知った私…)

乱歩と正史の映画の話を。
ステージのスクリーンには、昔の映画のポスターや関連グッズの写真が次々と。

ラジオの連続ドラマで『少年探偵団』ごっこが流行った。おまけが欲しかった。バッチとか。
有栖川先生「(スクリーンを指して)(平井さんに)御宅にはバッチとかあったんですよね?(平井氏がうなずく)いいなあ(笑)このカルタは東京の美術館にあるんですがね、“とどいたてがみはきょうはくじょう”(届いた手紙は脅迫状)とか。これを正月にするのか?!と(会場大笑!)
それに少年探偵団ごっこって、結成した瞬間に終わってるんですよね。何していいか分からない(爆笑)」

いや本当に、有栖川先生のお話は笑いどころもあり緩急つけてお上手ですwww

最後に、『犬神家の一族』映像化について。
スクリーンには映画のポスターが大写しに。「犬神家の一族 悪魔は踊る」の主演、片岡千恵蔵の絵がバーン!

『犬神家』は人間関係の配置に重点を置いたもの。『本陣』や『獄門島』はトリックから。
角川から出たんですが、社会派ミステリーに食傷していた読者にウケたんですね、当時の角川春樹社長の慧眼。
…角川社長側が版権を取りに行ったとき、正史は亡くなってると思ってたら本人が出てきてびっくりしたと。えー!
農村や地方の現実を描いた作品ですが、高度経済成長後は意味が変わる。
日本中の道が整備され、市川監督が撮影時に「道を撮るのに苦労した」とか。
農村や地方の風景を懐かしく思い出させるようになった。

さっきのポスターの片岡千恵蔵や、(次のポスターは高倉健だ!)この高倉健など最初は、金田一耕助は洋装だったんです。石坂浩二の金田一からヨレヨレの和装にボサボサ頭のあの金田一になった。
これはちょっとしたトリビアかも。


少々時間がオーバーしたんですが、これでシンポジウムは終了です。お疲れ様でした!


ノートの暗号解読したワタシもお疲れ様だったよ……しくしく。ともかくなんとか終わったよ……ぜいぜい。

最後におまけ情報があるので、つづきますレポ4へ!
スポンサーサイト
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。