こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

イベントレポ > 本格ミステリ作家クラブ10周年記念イベント・感想3

本格ミステリ作家クラブ10周年記念イベント・感想3

2010/10/02(土) 21:15:42 イベントレポ THEME:その他 (ジャンル : その他 EDIT
さて。
三回目のトークショウからは、メモとってません(汗)

サイン集めに奔走しましたさ。
あちこちでファンが笑ってたんですけど、さながらスタンプラリーのようでしたよ。


この本格ミステリ作家クラブの記念本3冊の他、イベント棚には、参加される先生方の著作がずらりと並び、また先生それぞれオススメの本もあり、紀伊国屋梅田本店で購入した本に限り、これらの中からどれにでもサインをいれてくださるとのこと。(先生方に拒否権はないらしい。おかげで記念本3冊はもちろん、著作が飛ぶように売れていく)

わたしは。記念本3冊しか購入しませんでしたけどね。
購入できないんですけどね…(お財布が!)

で、記念本へのサインは為書き・日付けなしでサインのみ、著作にお願いするときにはメモか何かに名前書けば為書きしてくださるのでした。メモが面倒で免許証見せる人多数。

わたしはまずなにがなんでも有栖川先生www
3冊のうちどれにしようかちょっと悩んだけど、『ミステリ作家の自分でガイド』にしました。

えーと、トークショウブースでは、三回目が始まってます。同じく持ち時間20分。

次の四回目のトークでは、有栖川先生がまたブースに入られる予定になってます。

なのに。

サイン待ちの列がとんでもなくて(イベント棚の前を全部塞いで店内通路に折れてもまだ続いてる!さ、最後尾はどこ…?)、これぜったい次のトークまでに終わるわけないよーー!どーすんでしょうか?!

たぶん、わたしはかなり遅めに並んだのでその程度でしたけど、有栖川先生がサイン会のテーブルにつかれた直後にはいったいどれだけの行列になってたことやら見当もつかない……。

まあこれだけの混雑ぶりでそんなに時間をかけてはいられないので、さくさく進みましたけどね。

わたしの番になりました。

先生が「これから(他の先生にもサインもらいに)まわられるんですよね?じゃあ…」と少し小さめに。左下に。ありがとうございますwww

で、わたし、何にも言ってないんですけどっ。
先生のほうから直々に教えていただいた!ということは、…やっぱりわたしの顔、覚えておられるんでしょうね…いつもいつもサイン書くたんびに次の新刊いつ?と訊いてくるおばちゃんだ☆って……いいのか悪いのか……。

そ、そんなわけで、先生からの情報です!

「11月に新刊が出ます。短編集ですけどね」

きゃーーーーwwww
作家シリーズの短編集ですよ11月ですってよ皆様っっっっ♪♪♪


先生が珍しく断言されましたからね、もう決まったんでしょう。

てことは、講談社の100冊の方は、年末か来年になりますかね。

ありがとうございますありがとうございます!!これでまた楽しみがひとつ増えました☆

っと、そんな感慨に耽ってたら後がつっかえるのでさっと捌けまして。
うきうきしながら、さて他の先生方のところに行こうか。

まず、芦辺先生と辻先生。お2人で熱心に話し合っておられるところをお邪魔しちゃったよ。

辻先生のサイン、達筆すぎて読めない…(苦笑)

次に探したのが、こるものさん。
あれ。どこにも見当たらない。
近くにいた顔なじみの書店員Dさんに訊いてみたところ、休憩に行かれたそうな。
先生方は、トークショウとサイン会とのタイミングをはかりつつ、交代で休憩を取っておられます。
はーそりゃしょうがないな…。


んーと、次は…えっと、大山(誠一郎)さん探そう…って大山さん今トークショウブースの中?
でブースに行ってみたけどいない。あれ。
どれ、ここでちょっとトークのメモ取るかな、とおもったけど……もういいや(おい!)(ちなみにもう四組目のグループになってて、綾辻先生の声が。有栖川さんが来られなければ京大出身者グループ、有栖川さんが来られたらトリロジグループということにしましょう、というユルさ(笑)で結局、有栖川先生は間に合わなかったので、京大出身作家グループということになったみたい)。綾辻、法月、麻耶、大山、我孫子先生。ただしわたしの位置から我孫子先生は見えず。
綾辻先生に呼ばれ飛び入りでご挨拶したのは、デビュー間もない円居挽さん、森川智樹さん!若いー可愛いーーww←おいおい

じゃあここで大山さん待ってみるか…とおもって、ちょっと目薬点したり荷物を整理したりしてたら、あらあらブースから人がどどどっと。

そしてそのまま。
書店員さんが「綾辻先生のサイン会が始まりますー」とアナウンスした途端、一挙に大量に信じられない人の群れが!雪崩のようにーーー!
いやわたしも綾辻先生のサイン欲しいけど、こらあかんわ今は無理!と早々に退散しようとしたのに、ありえないミステリクラスタの流れに圧されて動けない~~(滝汗)
きゃぁぁぁぁひぃぃぃぃ言いながら、ものっそい酸素の薄いところを脱出できたときには、大山さんの姿を見失っておりました…しくしく。

くらくらしつつ店内に戻る。

おっwこるものさん見っけ!
ということで、強引にサインくださいとお願いし、手ごろなテーブルがないので平積みしてある本の上で。
こるものさんらしく、お魚のイラスト入りハンコをぽちっと。きゃー可愛い♪
ありがとうございましたーww

さてお次は。
あっ!イケメン佳多山氏だっwww
ということで、ニマニマしつつサインをお願い。来週の花園大学、楽しみにしてますねー!
「きっと面白い話になると思いますよ、楽しみにしててください」はいそれはもう♪
久しぶりに見た佳多山さんは変わらずイケメンだったwww

んじゃ次、テーブルについてこるものさんとお話しつつサインなさってた近藤先生!並ぼうっとw
ありがとうございますー♪

よしこのまま小森さんにも突撃。
…いくら先生方がネームプレートつけておられるといってもさ、やっぱりお顔知らないと探しにくいよこの混雑っぷり…小森さんのお顔知ってたからいいけど。さっき一回目のトークで間近に見たからいいけど。

そうなんですよ、先生方がわたし達と同じ場所をウロウロしておられるので入り混じっちゃって下手したら気がつかない(汗)

その証拠に、わたし最後まで我孫子先生に気付かなかった…サインもらえなかったよう(涙)

カオスなフリーサイン会はまだまだ続く…。


スポンサーサイト
Comment (-)

ページの最初に戻る