こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

2015年03月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『人魚と金魚鉢』 市井 豊 著

2015/03/22(日) 20:31:04 市井 豊 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
人魚と金魚鉢 (ミステリ・フロンティア)人魚と金魚鉢 (ミステリ・フロンティア)
(2015/02/27)
市井 豊

商品詳細を見る


 前作『聴き屋の芸術学部祭』から何年経ってるのかな……梓崎さんとほぼ同期と言ってもいいと思うんやけど、梓崎さんの第二作目より一年後に市井さんの二作目が出ましたね。なのでちょっと久しぶりな感が大きいです。
 いやそれにしても、今回も相変わらずの〈ザ・フール〉の面々。ていうか先輩!そう先輩なんですよわたしの一推しキャラは!今風に言えば推しメン?どっちでもいいけどさ。
 今回の短編集に、死体がゴロンとかエグイ真相とかいうものは出てきません。(ちょっと変わった)(いやかなり変わった)大学生たちの、のほほんとしたミステリです。グロイのが苦手な人でも安心して謎解きミステリが読めますwそしてこれはぜひ春に読みましょう♪

【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『進・電気じかけの予言者たち』 木根尚登 著

2015/03/22(日) 20:25:56 エッセイ・ノンフィクション THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
進・電気じかけの予言者たち進・電気じかけの予言者たち
(2015/02/06)
木根 尚登

商品詳細を見る


 実はこのシリーズ、一冊目しか読んでませんでした今まで。
 何度も書いてますが、1994年の終了の後、すうっと熱が引くようにFANKSとしての情熱もいったん冷めて、3人のソロ活動やら結成20周年やらもそれほど前のめりになれなかったんです。が。
 てっちゃんの社会的な一件はもちろん心底悲しく見ておりましたが、ウツさんの名前をネットニュースで見た時にものすごくショックを受けて、それからツイッターで小室みっこさんがTM秘話やら作詞のことやらをツイートされてて動画も紹介されてて、それて懐かしくなって観てたらあらあらわたしのFANKS魂がむずむずしてきましたよ?
 そんなこんなでTM30周年再始動を目前にわたしのFANKS熱も再始動という経緯なんですね、で、そのウツさんの一件からこの新刊がスタートすると知って、これはどうでも読まねば!と久しぶりに木根さんの本を手に取ったのでした。説明なげーな! 【続きを読む】
Comment (-)

『飛ぶ教室40号 (2015年冬) (もっと童話をたのしもう!)』

2015/03/22(日) 20:19:43 その他一般 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
飛ぶ教室40号 (2015年冬) (もっと童話をたのしもう!)飛ぶ教室40号 (2015年冬) (もっと童話をたのしもう!)
(2015/01/25)
山下明生、やえがしなおこ、如月かずさ、昼田弥子、まはら三桃、松田青子、大道珠貴、柏葉幸子、陣崎草子、小路幸也、今江祥智 ほか

商品詳細を見る


 ええと、小路さんが「初めて意識して正面から児童文学を書いた」というお話が掲載されていまして、やっぱり小路ワールドなのでお好きなかたはぜひ☆
【続きを読む】
Comment (-)

『田舎の刑事の好敵手』 滝田務雄 著

2015/03/22(日) 20:13:48 滝田務雄 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
田舎の刑事の好敵手 (ミステリ・フロンティア)田舎の刑事の好敵手 (ミステリ・フロンティア)
(2014/12/22)
滝田 務雄

商品詳細を見る


 はい、田舎の刑事シリーズの第三作目が出ましたよーん♪あの黒川鈴木さんと白石くんと黒川さんの奥さんが帰ってきましたよーん♪
 このシリーズが30分の連ドラになったのって何年前でしたっけ?ミステリドラマとしてはかなり雑なつくりでしたけど(失礼)、わたし割りと好きだったんですよねあのドラマ。またやってくれんかな。
 それはともかく、今回は前二作とは違って長編です。本格ミステリの書き下ろし長編!ミステリ読みにはたまりませんw
 面白かったですよー。

【続きを読む】
Comment (-)

『少年探偵』 小路幸也 著

2015/03/22(日) 20:09:13 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
少年探偵 (一般書)少年探偵 (一般書)
(2015/01/15)
小路 幸也

商品詳細を見る


 ブラボー!!!
 これはすごいです素晴らしいです!!
 子供の頃、学校の図書室で明智小五郎と怪人二十面相の対決の数々、あの〈少年探偵団シリーズ〉を夢中になって片っ端から読破していったあの興奮を思い出しました。あのシリーズへの、江戸川乱歩へのオマージュ作品なんですが、現代作家である小路さんが書かれているだけに、わたしは大乱歩より読みやすくて好きです。
 こういう解釈の仕方もあるのか!とびっくりしました。
 とにかく、あの少年探偵団シリーズ、明智小五郎の探偵小説を読んだことのある人は読まなきゃ損です!
【続きを読む】
Comment (-)

『禁忌』フェルディナント・フォン・シーラッハ 著

2015/03/22(日) 20:04:26 海外ミステリ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
禁忌禁忌
(2015/01/10)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る


 シーラッハさんの本って、どれもそんなに分厚いものじゃないし、処女作と二作目は短編集なので一編一編は本当にページ数も少ないのに、その一編一編が、その後の長編も、どれもみんな重量級なんですよね。世界は重いし暗い、和みも癒しもない。登場人物の誰も、心底笑わないし大袈裟に泣かない、ただ淡々と。
 この新作長編もまたそんな感じなんですが、それでもぐいぐい読めてしまうのはもう不思議を通り越して凄まじい。
【続きを読む】
Comment (-)

『ゆる猫生活 —猫たちとゆるく楽しくつきあう方法』 ほそいあや 著

2015/03/22(日) 19:57:01 エッセイ・ノンフィクション THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
ゆる猫生活 —猫たちとゆるく楽しくつきあう方法 (玄光社MOOK)ゆる猫生活 —猫たちとゆるく楽しくつきあう方法 (玄光社MOOK)
(2014/12/13)
ほそい あや

商品詳細を見る


 猫好き猫飼いですが情弱なのでそんなにたくさんの猫ブロガーさんを知ってるということもなく、このほそいあやさんのブログ、この本にコラムを寄せられた小路さんのお仕事告知ツイートで初めて知りました。すみませんすみません。
 ほんまにゆるーく、のんびりまったりの猫ブログ本です。
 感想もなにも、ただ癒されればそれでOKなんですけど、ちょっと覚書のつもりで一言だけ。
【続きを読む】
Comment (-)

『火星の人』アンディ・ウィアー 著

2015/03/22(日) 19:50:37 海外ミステリ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
火星の人 (ハヤカワ文庫SF)火星の人 (ハヤカワ文庫SF)
(2014/08/22)
アンディ・ウィアー

商品詳細を見る


 あっはははははは!!面白かったわーーー!新年一冊目で初笑い読書でしたw
 リーダビリティがあるとかキャラ造形とかいろいろ要因はありますが、とにかく底抜けに明るい火星の人wwwwwユーモアという意味で文字通りに面白かったです。
 まさかSFで笑うとはねえ……もっとこう悲愴感とか大昔の地球の文明が何故この星にとか(あの不朽の名作です)エイリアンとの遭遇でサスペンスとか惑星が突然暴走しておいおいおいとか、とにかく手に汗握るタイプのSFは珍しくもないですが。
 ユーモアで乗り切ったSFとゆーものを初めて読みましたね、うん。
 SFが苦手でも、読んでみる価値はあると思いますよ~。
【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。