こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

2014年07月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『証拠は眠る』オースティン・フリーマン 著(再読)

2014/07/19(土) 19:43:02 オースティン・フリーマン THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
証拠は眠る (ヴィンテージ・ミステリ・シリーズ)証拠は眠る (ヴィンテージ・ミステリ・シリーズ)
(2006/03)
オースティン フリーマン、森 英俊 他

商品詳細を見る


 再読なんです。本当に。
 でも、犯人はおろかストーリーのほとんどをおぼえてなかった……!まるで初読……!
 ところが、フリーマンの作品のなかでは、『赤い拇指紋』よりもこの『証拠は眠る』の方が好きなこと、決定的な手がかりがある品から見つかること“だけは”覚えてたんです。わたしの記憶力っていったいどうなってるんだ。
 そんなわけでもう初読っぽくドキドキしながら読みました。はー面白かった!
 わたしはやっぱりこの作品が大好きです。
 (カンのいいかたは真相に気がつかれるかもしれない程度に、ぼんやりネタばれってるような部分があります。未読のかたはご注意)
【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『満願』 米澤穂信 著

2014/07/19(土) 19:29:39 米澤穂信 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
満願満願
(2014/03/20)
米澤 穂信

商品詳細を見る


 ツイッターで各方面から絶賛されている米澤さんの新刊。
 文芸誌に掲載されていたのを追っかけてたわけではないので、加筆があったところとかは知らないんですが、より深みを増したのでしょうか……。
 米澤さんの作品をぜんぶ読んではいないので比較はできないんですけど、米澤作品を読んでるなあ……と思いながら読んでました(けったいな文章だ)
 自分にとって命より大切なもの、何ものにも変えがたいものって、何だろう。

【続きを読む】
Comment (-)

『カレイドスコープの箱庭』 海堂 尊 著

2014/07/19(土) 18:21:34 海堂 尊 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
カレイドスコープの箱庭カレイドスコープの箱庭
(2014/03/05)
海堂 尊

商品詳細を見る


 ケルベロスで本編が完結、輝天で桜宮サーガの過去と現在パートが完結、という触れ込みだったのに何でまた完結編が出るんだ?と訝りながら(連載を読んではいなかったもので……)、どうしようかなーと思ってたらツイッターで桜宮クラスタがざわざわし始めて間もなく皆様悶絶してばったばったと倒れていくので何があったのかと気になって、買いました。で、噂に聞いていた人物の登場シーンだけ、パラパラと探して先に読んじゃった。
 死ぬかと思った(苦笑)
 これが本当の白鳥・田口シリーズ完結編ということなんですが、事件(?)の筋よりもあっちの方に魂持っていかれてそれでいいと思いました。一部のファンにとっては神の章だったwww
 そんなわけで、感想らしい感想は期待しないでください。ていうか書くことあんまり無いかも。

【続きを読む】
Comment (-)

『カフェかもめ亭 猫たちのいる時間』 村山早紀 著

2014/07/19(土) 18:17:46 村山早紀 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
カフェかもめ亭 猫たちのいる時間 (ポプラ文庫ピュアフル P[む]1-8)カフェかもめ亭 猫たちのいる時間 (ポプラ文庫ピュアフル P[む]1-8)
(2014/03/05)
村山 早紀

商品詳細を見る


 はー……ドライアイにはいいわー涙が止まらないわー……。 
 なんでしょうか、村山先生と猫の組み合わせって無双?泣かずに読める人がいたらそのコツを教えてほしいわ。無理無理ぜったい無理。泣くもん。
 このかもめ亭2は、いろんな媒体に寄稿されたものを纏めて、トーンを統一するためにちょっとお化粧直しされたもの。既読の短編もありますけど、改めて読んでまた泣きましたストーリー知ってるのに。
 猫って、実は怖いのかもしれないですよ?でも本当は勇猛果敢で優しい生き物なんですよね。
【続きを読む】
Comment (-)

』スタンダップダブル!―甲子園ステージ』 小路幸也 著

2014/07/19(土) 18:13:15 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
スタンダップダブル!―甲子園ステージスタンダップダブル!―甲子園ステージ
(2014/03)
小路 幸也

商品詳細を見る


 球春ですなあ(笑)
 そんなわけで、小路さんの新刊です。『スタンダップダブル!』の本当にそのまま続編です。神別高校野球部が夏の甲子園にやってきました!
 野球にそんなに詳しくないわたしでも、ああ高校野球っていいなあと素直に思える作品、シリーズです。
 ついでにイイ男が増えてておばさんもう萌え萌えしてしまいましたwww
 野球好き、特に高校野球ファンなら必読です。マジ。
 ただし、「前作を読まなくても大丈夫」とはいうものの、やっぱり前作を読んでおいた方がいいと思います。そして盛大にネタばれってます!ご注意を。
 
【続きを読む】
Comment (-)

『月の欠片(かけら)』 浮穴みみ 著

2014/07/19(土) 11:53:27 浮穴みみ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
月の欠片(かけら)月の欠片(かけら)
(2014/02/07)
浮穴みみ

商品詳細を見る


 わたしのオススメ作家さんのお一人、浮穴みみさんの新刊です。
 はー……切なかった……読み終えてしばらく、涙ぐんでグスグスしてました。
 明治維新後の、まだ旧幕時代がそこここに残っていてでも世の中はめまぐるしく変わっていくその時代。
 明治時代からを「近代」というなら、この混沌の時代の物語は、時代小説なのか近代小説なのかどっちなんでしょう。
 魅力的なキャラクタと、切なくて胸に迫る物語で一気読みでした。

【続きを読む】
Comment (-)

日本探偵小説全集〈5〉浜尾四郎集 (創元推理文庫)

2014/07/19(土) 11:50:55 ミステリ・その他 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
日本探偵小説全集〈5〉浜尾四郎集 (創元推理文庫)日本探偵小説全集〈5〉浜尾四郎集 (創元推理文庫)
(1985/03)
浜尾 四郎

商品詳細を見る


 浜尾四郎さん。戦前、というか明治29年、男爵家の四男としてのお生まれという貴族様で、検事から弁護士ののちに探偵小説作家になったかたです。
 お名前だけは知ってたんですけどねえ、なかなか読むタイミングが……。
 いや、すごいですよ、法律的探偵小説ってそのとおりだった。そして面白かった!

【続きを読む】
Comment (-)

『Station 小冊子付き特装版 タクミくんシリーズ』 ごとうしのぶ 著

2014/07/19(土) 11:46:53 その他一般 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
Station 小冊子付き特装版    タクミくんシリーズ (角川ルビー文庫)Station 小冊子付き特装版 タクミくんシリーズ (角川ルビー文庫)
(2014/01/31)
ごとう しのぶ

商品詳細を見る


 もしかしなくても、BLの感想書くのって初めてですよね(苦笑)
 はーーーー……とうとう完結してしまいました、タクミくんシリーズ。20年ですよ20年!
 一般文芸とか、遅筆の某作家さんとか、人気推理作家さんのシリーズとかなら、十数年~ン十年続いてもまあ幅広いファンがいるからわかるんですけど、BLでこの年月シリーズを引っ張ってきてドラマCDとか舞台とか映画とかまで作られた作品ってそんなにないと思います。
 文章力という視点で話すと微妙なことの多いBLですが(わたしが読んでたのがそんなのばっかりだったとも言います)、まあそこはそれ、ひとつのシリーズが終わったことを感慨深く振り返りたいので感想書きます。

【続きを読む】
Comment (-)

『札幌アンダーソング』 小路幸也 著

2014/07/19(土) 11:40:42 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
札幌アンダーソング (単行本)札幌アンダーソング (単行本)
(2014/01/28)
小路 幸也

商品詳細を見る


 2014年最初の小路さんの新刊でーす!
 はー面白かった!一気読みでした。
 探偵モノです。かなりしっかりミステリです。そして変態です(笑)。
 冬に読むのに最適の一冊だと思うなあ。ぜひぜひ!
 (以下、わたしの感想がだらだらと始まりますが、微妙にネタばらし気味なので読了後にお付き合いくださいね)

【続きを読む】
Comment (-)

『超高速!参勤交代』 土橋章宏 著

2014/07/19(土) 11:37:02 その他一般 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
超高速!参勤交代 (らくらく本)超高速!参勤交代 (らくらく本)
(2013/09/27)
土橋 章宏

商品詳細を見る


 いやースカッとしたあwww
 三人称で、時折現代視点からの注釈も入るのですが、ジャンルはたぶん時代小説、なんでしょう。それにしては現代風で楽しい楽しい♪
 近々、実写化されるんでしたっけ。いやこれ、二時間ちょっとじゃ収まらんでしょうよ。
 とにかく読んだ後の爽快感がたまりません。
 あと、福島・栃木・宮城の人たちはきっと、遠いわたしよりももっともっと楽しく読めると思います。特に福島県の人たちに、ぜひ読んで欲しいです。
【続きを読む】
Comment (-)

『優しい死神の飼い方』 知念実希人 著

2014/07/19(土) 11:32:56 知念実希人 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
優しい死神の飼い方優しい死神の飼い方
(2013/11/16)
知念 実希人

商品詳細を見る


 ツイッターで相互フォローさせていただいているというのに、初めて読みました知念さんの小説。すみませんすみません。
 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞してデビューされた知念さんです。ミステリ読みとしてはとうぜんこのニュースも知念さんの作品のことも存じてましたけど、ようやく読めたー!って感じです。
 現役のお医者さんだけあって、病院や病気の描写もありますけど、めっちゃめちゃ読みやすくて分かりやすくて、そしてシビアです。
 わんこが大好きな人には特にオススメ!
【続きを読む】
Comment (-)

『あめだま 青蛙モノノケ語り』 田辺青蛙 著

2014/07/19(土) 11:28:04 田辺青蛙 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
あめだま 青蛙モノノケ語りあめだま 青蛙モノノケ語り
(2013/12/19)
田辺青蛙

商品詳細を見る


 皐月鬼、というか皐月ちゃんシリーズで大好きになった田辺青蛙さんの、お待ちかねの新刊!
 それは嬉しかったんですが、版元が青土社さんという、今まで人文哲学関係の本で知られてたのに突然フィクション系を出すなんて何事?!と思いました。案の定、京都の大型書店ふたつ探したけど無かったのでネットでお取り寄せです。
 皐月ちゃんシリーズは角川ホラー文庫から、また、怪談『幽』とかてのひら怪談などに発表されるのでホラーに強い人ならぜんぜん大丈夫ですが、若干グロいので苦手なひともいるかもしれない。でもグロいだけじゃなくて幻想的なのでわたしは大好きだしオススメです。

【続きを読む】
Comment (-)

『オーブランの少女』 深緑野分 著

2014/07/19(土) 11:23:12 深緑野分 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
オーブランの少女 (ミステリ・フロンティア)オーブランの少女 (ミステリ・フロンティア)
(2013/10/22)
深緑 野分

商品詳細を見る


 ツイッターでお見かけしてはいたんですが、確か書店員さんだったはず……ですよね?
 なんとまあ、ミステリーズ!新人賞の佳作に入選してデビューなさったとは!
 ということで、デビュー作です。
 東京創元社デビューってことは、これからがつがつとミステリを書いてくださるってことですよね♪
 (微妙にネタばれってますので、ここから先は自己判断でお願いします)
【続きを読む】
Comment (-)

『冬虫夏草』 梨木香歩 著

2014/07/19(土) 11:13:59 梨木香歩 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
冬虫夏草冬虫夏草
(2013/10/31)
梨木 香歩

商品詳細を見る


 2014年の一冊目。
 『家守綺譚』の続編ですね。購入したのも遅かったですが(手持ちの本&図書館予約本に埋もれておりまして……)、読むのもゆっくりゆっくりでした。結局、年末年始、年をまたいで読了。
 そんなせかせかした年の瀬に読むには、秋の物語は間が抜けてるかなー、と思ったんですが、いえいえそれどころかそんなあわただしい時にこそ読めてよかったー!しみじみとそう思いました。

【続きを読む】
Comment (-)

『旅者の歌 始まりの地』 小路幸也 著

2014/07/19(土) 11:07:45 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
旅者の歌 始まりの地旅者の歌 始まりの地
(2013/12/12)
小路 幸也

商品詳細を見る


 SONY Readerで配信連載されたハイ・ファンタジーがお待ちかねの単行本になりました!連載当初のものよりも加筆されているそうです。
 三部作の第一作目。
 壮大な物語の幕が開きましたねえ……。
 でもやっぱり、小路さんの世界だなあ!としみじみ感じたのでしたー。

【続きを読む】
Comment (-)

『要介護探偵の事件簿』 中山七里 著

2014/07/15(火) 11:07:23 中山七里 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
要介護探偵の事件簿要介護探偵の事件簿
(2011/10/07)
中山 七里

商品詳細を見る


 中山さんの作品を全部読みたい!と言いつつもなかなか読めず。音楽系ミステリってあれシリーズでしたっけ?既にたくさん既刊があるので、どこから手をつけたらいいのやら状態。
 で、今回はこの作品を読みました。めっちゃ面白かった!
 このミス大賞受賞者のミステリって、八割以上の作品を読んでるのは海堂先生のだけ。ですが、中山さんのはなるべく全部読みたい☆
【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。