こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

2014年01月 の記事一覧

『菩提樹荘の殺人』 有栖川有栖 著

2014/01/04(土) 20:58:24 有栖川有栖 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
菩提樹荘の殺人菩提樹荘の殺人
(2013/08/26)
有栖川 有栖

商品詳細を見る


 火村シリーズ、今までたくさん出てますが、この新刊はシリーズの分岐点になるかもしれない、と思ったり、原点に戻った感じがするね、とも思ったりする、ファンにとっては多面的な短編集ではないかな、と。
 で、わたしの超個人的な理由で、これはかなり特別な一冊となりました。決定。読んでてもうちょっとどうしようかと思ってうろたえた(苦笑)
 火村シリーズらしい一冊であり、江神さんを中心とした学生シリーズでこんな物語があったら違和感を感じるに違いないと思います。
 有栖川先生のシリーズ三つの書き分け方が、まるできっちりと演じ分けしている俳優さんのようです。
【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『百年祭の殺人』 マックス・アフォード 著

2014/01/04(土) 20:54:26 海外ミステリ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
百年祭の殺人 (論創海外ミステリ)百年祭の殺人 (論創海外ミステリ)
(2013/05)
マックス アフォード

商品詳細を見る


 あまり多作ではないアフォードさん、わたしが読んだのも『魔法人形』とアンソロジーに収録されたものだけですが、数学者・ジェフリー・ブラックバーンが名探偵のこのシリーズは、不可能犯罪ものでフーダニットでなかなかミステリ好きにはツボな作家さんだと思います。未訳のものがあるならぜひ続けて邦訳出してください。
 EQ好きなら特に楽しめる一冊だと思いますよー。
【続きを読む】
Comment (-)

『緋色の十字章  警察署長ブルーノ』マーティン・ウォーカー 著

2014/01/04(土) 20:49:39 海外ミステリ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
緋色の十字章 (警察署長ブルーノ) (創元推理文庫)緋色の十字章 (警察署長ブルーノ) (創元推理文庫)
(2011/11/11)
マーティン・ウォーカー

商品詳細を見る


 東京創元社のHPで何気なーく海外ミステリのリストを遡っててふと目に付いたのでメモしておいたものの中から読んでみました。
 うん、これはテーマというか展開がどんどんヘヴィになっていくので読み応えありました。でも楽しく読めました。
 いろんなトリビアも仕入れられるし、お腹はすくし、美女のドレスの衣擦れの音が聞こえてきそうだし、物語は繊細だし。よかったです。
 そうそう、有栖川先生のことも思い出しました。なぜでしょう?答えはウェブで、じゃなかった、続きで。あ、ウェブで合ってるのか(おい)
【続きを読む】
Comment (-)

『闇のしもべ 上・下』イモジェン・ロバートスン

2014/01/04(土) 20:45:30 海外ミステリ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT

闇のしもべ 上 (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)闇のしもべ 上 (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)
(2012/09/21)
イモジェン・ロバートスン

商品詳細を見る
闇のしもべ 下 (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)闇のしもべ 下 (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)
(2012/09/21)
イモジェン・ロバートスン

商品詳細を見る


 まったくノーチェックだったんですが、「英国式犯罪解剖学」というサブタイトルと、訳者あとがきを斜め読み(ネタを割ってる可能性があるので、ざっとしか目に入れない)、それと東京創元社の新刊案内でこのシリーズの続編が出ることを総合して、評判いいのかな面白いのかな、と読んでみました。
 うん、面白かったです!
 いろいろ考えてしまったこともあったんですけど、それはそれとして上下巻をほぼ一気読みでした。
 昨年末の2013本ミスにランクインすることはなかったけど、アンケートで某ミス研さんが一票入れられていたのでまあ悪くない作品じゃないかな、と補足することで、わたしの頼りない個人的主観に少しの強度を持たせてみたりして。
 未読のかたは、読了後にお付き合いくださいね。

【続きを読む】
Comment (-)

『守友恒探偵小説選』 論創ミステリ叢書51

2014/01/04(土) 20:21:37 論創ミステリ叢書 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
守友恒探偵小説選 (論創ミステリ叢書)守友恒探偵小説選 (論創ミステリ叢書)
(2012/05)
守友 恒

商品詳細を見る



 鳥肌たちました……面白い!
 これ、3600円もするんです……この叢書はどれも高額でファン泣かせなんですけど、この本はまた更に上をいって、買おうとすると何かと何かと何かを諦めないといけないくらいです。が、たぶんコレは買いだと思う!ミステリ好き、探偵小説ファンなら必読!
 そんなわけで、図書館でいそいそと借りたんですが、自腹切って買いたくてその費用をどこから捻出すればいいのか、途方にくれております……。

【続きを読む】
Comment (-)

『りんごかもしれない』 ヨシタケシンスケ 著

2014/01/04(土) 20:16:35 ヨシタケシンスケ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
りんごかもしれないりんごかもしれない
(2013/04/17)
ヨシタケシンスケ

商品詳細を見る



 ツイッターで、inoさんがこのヨシタケシンスケさんの本のタイトルをつぶやいてらして、ブログにお邪魔したらまず先にこの本(絵本)を読みたくなって図書館で借りてきました。
 買います。これはイイ!
 子供はもちろん楽しいし一緒に考えられるし、大人が読んでも楽しくてふと立ち止まってしまう。
 絵本なのですぐに読み終わるけど、目の前に見える世界がちょっと変わる一冊です。
【続きを読む】
Comment (-)

『輝天炎上』 海堂 尊 著

2014/01/04(土) 20:11:38 海堂 尊 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
輝天炎上輝天炎上
(2013/02/01)
海堂 尊

商品詳細を見る



 崩壊三部作のラスト、というこの作品。バチスタ→螺鈿→輝天という順番。
 これをもって桜宮サーガの到達点、ということですが(まだ未来編は続きますけど)、この一冊が海堂作品初めての人でも海堂ワールドが見える、というのは誇張だと思う……今までのを読んでなきゃわからんよ。
【続きを読む】
Comment (-)

『オーリエラントの魔道師たち』 乾石智子 著

2014/01/04(土) 20:06:10 乾石智子 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
オーリエラントの魔道師たちオーリエラントの魔道師たち
(2013/06/28)
乾石 智子

商品詳細を見る



 乾石さんの初短編集。
 東京創元社から出てる長編三作品と同じ世界で、それぞれの歴史を踏まえて、「魔道師」を活写しています。
 面白いと同時に、短編だからこそ際立つテーマ、世界のトーン、じっくり味わいました。おすすめ。
【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る