こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

2013年11月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『Another エピソードS』 綾辻行人 著

2013/11/08(金) 01:15:07 綾辻行人 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
Another エピソード S (単行本)Another エピソード S (単行本)
(2013/07/31)
綾辻 行人

商品詳細を見る



 『Another』の続編というかスピンオフというか、やっぱり続編かな。
 相変わらず、綾辻先生の作品は読みやすい。するすると一気読みでした。
 先に情報が公開されているように、ゴーストストーリーなんですが『Another』本編のあの悲劇と連動させているので、つまり怪奇現象や幽玄の世界ではなくてちゃんとこの世界の理に落ち着きます。
 そんなわけで、できる限り前作の『Another』読了後にこの新作を読むこと推奨です。この感想もね。
【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『たまさか人形堂それから』 津原泰水 著

2013/11/08(金) 01:09:08 津原泰水 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
たまさか人形堂それからたまさか人形堂それから
(2013/05/24)
津原 泰水

商品詳細を見る


 前作『たまさか人形堂物語』が面白かったので、その続編と聞いたら読まずにいられますかっての。
 人形にはぜんぜん詳しくないんですけどね……。
 ミステリー…、かなあ、ちょっと違う気がするけど。ミステリー風味の普通に一般小説な感じです。でもこれが、ちっとも一般じゃない(どっちだ)
 キャラクタがひとりひとり立ってるし、セリフもモノローグも楽しいので読みやすいですよ。
 連作短編集ですが、前作の『たまさか人形堂物語』を踏まえての話が多いので、できればこの前作を読んでからの方がより楽しめると思います。 【続きを読む】
Comment (-)

『奇譚を売る店』 芦辺 拓 著

2013/11/08(金) 01:05:07 芦辺 拓 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
奇譚を売る店奇譚を売る店
(2013/07/18)
芦辺 拓

商品詳細を見る


 がっちがちの本格ミステリプロパーである芦辺先生が、幻想怪奇な新刊を出されると知って読みたくて。
 はい、わくわくしつつ読みました。
 先に結論を書いてしまうなら、「やっぱり芦辺先生だった!」という怪奇な中にもミステリ魂のこもった一冊なのでした☆
【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。