こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

2012年04月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『高原のフーダニット』 有栖川有栖 著

2012/04/29(日) 01:19:20 有栖川有栖 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 わたし、有栖川先生のストーk(ry、もといオッカケ(ただし関西限定)を自認しているくらいで、当然、先生の御本は全て読んでます。
 にもかかわらず、読書メーターやFC2ブログの方のカテゴリを見ると、数冊分しか感想書いてない…(滝汗)
 書き下ろしなら書いてますねえ、たぶん、雑誌掲載分のはその雑誌をゲットするやガーッと読んでしまって、いざ単行本にまとまった時には改めて書くのをすっぽり忘れてる、というのが正解みたい…アホや(涙)
 そんなわけで、今回は書きますよええ書きますとも!


とか言いながら、今回もやっぱり収録作品はぜんぶ、雑誌掲載時に読んでました(苦笑)
【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『ふしぎ探偵レミ 月光の少女ゆうかい事件』 村山早紀 著 

2012/04/29(日) 01:17:07 村山早紀 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 いまの小学生って、どんなお話が好きなんだろう。やっぱりRPGみたいな展開で、敵キャラは100%悪者でさくさくっと退治する勇者みたいなのが受けるんだろうか?
 分かりやすいし、勇者やヒーローの味方でいれば、自分は傷つくこともないからね。
 でも、ゲームのような世界は、そのうち自分の心が乾いてくると思うんです。悪者を切り裂いていればいいだけの、ルーチンワークだから。
 図書室で、こういう子ども向けに書かれたお話は年齢を問わず人の心を潤すためにあることに、たくさんの子ども達が気付いてくれるといいな。

【続きを読む】
Comment (-)

コメントお返事

2012/04/18(水) 11:18:32 コメントお返事 EDIT
4/11にコメントを頂いておりました。
チェックするのが遅くて、失礼しました(汗)

【続きを読む】
Comment (0)Trackback (0)

『Happy Box』 小路幸也・伊坂幸太郎 他

2012/04/09(月) 15:45:20 アンソロジー THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
『Happy Box』伊坂幸太郎、山本幸久、中山智幸、真梨幸子、小路幸也 著 (PHP研究所)
 さて、この作家陣の共通項は何でしょう?
 ……すぐに分かりますね(笑)
 お名前に「幸」の字が入ってる作家さんばかりのアンソロジー。こういうくくりのアンソロは珍しいと思う。
 なぜ、こういう本が出来たのか、それはこの本のあとがきと、小路さんのサイトのdiaryでwww(いや書くと長くなるので…)
【続きを読む】
Comment (2)Trackback (1)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。