こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

2012年02月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『Coffee Blues』 小路幸也 著

2012/02/07(火) 17:32:15 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 重っ!
 読んですぐの感想をひとことで言うなら、コレ。
 『東京バンドワゴン』のようにわりと明るく楽しく万事解決!という小路作品にしか馴染みのないかたには、かなり重い展開です。ですが逆に、小路さんのファンで全作品を読んでいれば、小路さんらしい作品だと思います。
 別にこの一冊だけ単体で読んでもぜんぜん大丈夫ですが、できれば『モーニング Mourning』を読んでおくと、ちょっとだけニマニマしますwww

【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『くらのかみ』 小野不由美 著

2012/02/07(火) 17:30:15 小野不由美 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 今頃読みました面目ない…。
 評判は知ってたし、いつか読もうと思ってたんですけどついつい後回しに…(汗)
 はー面白かったあ♪
 子ども向けなんですが、大人でも十分に愉しめる、素晴らしい本格ミステリでした!


【続きを読む】
Comment (-)

『犯罪』 フェルディナント・フォン・シーラッハ 著

2012/02/07(火) 17:28:30 フェルディナント・フォン・シーラッハ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 …アマゾンでのこの本の書影、著者名が長いとさくっとカットして訳者名だけ書くってどういうこと?それも、「訳」って入れてないから、それだと国内作家の作品だと思い込んでしまいますよ?酷すぎる。もうちょっとさー、丁寧な仕事しようよアマゾン。 ま、それはそれとして。
 昨年末の各ミステリベスト本で軒並み上位にランクインしたこの作品。(もちろん、本ミスには全く入ってませんが。当然ですね本格ミステリじゃないもん)遅まきながらやっと読了。
 いやー、なんというか、じわじわくる。すごかったとかよかったとかいう言葉より、忘れがたい独特の短編集、という感想をおくります。

【続きを読む】
Comment (-)

『暴言で読む日本史』 清水義範 著

2012/02/07(火) 17:25:42 新書 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 実はまったく知らなかった本なんです。別の新書があれば買おうと本屋さんに行ったらそれが無くて、ふと棚にささってたこのタイトルが目にとまって気が付いたら買ってました(笑)
 新書ですし、日本史(というか歴史)がダメというかたもおられるでしょうし、まあ備忘録みたいな感じで。


【続きを読む】
Comment (-)

『海馬亭通信』 村山早紀 著

2012/02/07(火) 17:22:07 村山早紀 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 児童文学になじみのあるかたなら、理論社から出た『やまんば娘、街へゆく 由布の海馬亭通信』というタイトルでご存知かも。わたしは最近になって、図書館で借りて読みました。
 あとがきにあるんですけれど、その理論社版が装いも新たに、さらに書き下ろしのおまけまでついてポプラ文庫ピュアフルから出ました。
 風早の街の、昔と今の物語。
 さて。どちらが昔?

【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。