こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

2012年01月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『極北ラプソディ』 海堂 尊 著

2012/01/11(水) 16:13:45 海堂 尊 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 週刊誌の連載で半分くらいは追っかけてたんですけど、根気のないわたしのこと、だんだん立ち読みに走るのを忘れるようになりまして…(おい)とりあえず最終回とその前くらいはまた立ち読みしたのでだいたいのラストは知ってるからもう単行本にまとまってもどこから読めばいいのやらで…。
 なので、感想も「だいたいこんなもん」な感じになります(苦笑)


【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『望月のあと 覚書源氏物語「若菜」』 森谷明子 著

2012/01/11(水) 16:11:43 森谷明子 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 『千年の黙』『白の祝宴』に続くシリーズ第三弾です。
 何度も書いてますが、繰り返しますとわたくし、『枕草子』派です。源氏物語は古典の時間でもヤル気出なかったしあさきゆめみしも全部読んでないし今この齢になって改めて読みたいとも思わないし。「春はあけぼの・夏は夜・秋は夕暮れ・冬は朝」のあの書き出しから心を持っていかれたんですよ枕草子に。
 それでもこのシリーズを追いかけてるのは……。


【続きを読む】
Comment (-)

『忍者侍☆らいぞう 魚売りのはつ恋に肩入れする』 翔田 寛 著

2012/01/11(水) 16:09:33 翔田 寛 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 はーい翔田さんの新刊でーす!またまた文庫書き下ろしでーす。おかげで新作がさくさく出て嬉しい嬉しいwww
 で、表紙イラスト見てびっくり。…なんかぜんぜん、今までの翔田さんの作品にはなかったカラーですねえ(苦笑)
 これで時代小説の棚に並んでたら、さぞ目を引くことでしょう。うん。
 その戦略が当たればいいな☆



【続きを読む】
Comment (-)

『家族で語る食卓の放射能汚染』 安斎育郎 著

2012/01/11(水) 16:07:07 エッセイ・ノンフィクション THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 Twitterで、きくまこ こと、菊池誠先生が、是非多くの人に読んでほしいと推奨されていた本です。
 やっとこさ読みました。今ごろ?!と日本中からツッコミが入りそうですが…。
 オススメです!


【続きを読む】
Comment (-)

『ブラッド・ブラザー』ジャック・カーリイ 著

2012/01/11(水) 15:57:58 ジャック・カーリイ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 くはーーーっ!堪能したーーーwww
 (昨年)9月に買ってましたよええ有栖川先生の『まよたん』と一緒に買ったんですよちゃんと覚えてます。
 傑作だ傑作だとあまりに評判がいいので、もったいなくて寝かせてたんですよ。今年のリスト〆になる昨日11/30、とうとう読んでしまいましたよ。
 あああ面白いったら!
 ただし。サイコな描写の苦手なかたにはおすすめしません。いやわたしは別にサイコが好きなわけではなくて、そういう描写の必要性がわかるこのシリーズだから読めるんです。そのはずです。   たぶん。

【続きを読む】
Comment (-)

『スウィート・ヒアアフター』 よしもとばなな 著

2012/01/11(水) 15:55:55 よしもとばなな THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 Twitterでばななさんを片想いフォローしてるんですけど、この新作について、東日本大震災のことを思うと書いてるときは苦しかった、と。歯を食いしばって書きました、と、そうツイートされていて、その苦しみの中から生まれた物語を読みたい!と素直に思いました。
 ということで、久しぶりのばななさん。『王国②』あたりから積んでますごめんなさい。
 前にも言ったけど、わたしが初めて作家さんの名前買いしたのはばななさんだったというのに、デビュー作の『サンクチュアリ』からずっと読んでたというのに、感想書くのがこれまた初めてとはどういうことですかわたし。

【続きを読む】
Comment (-)

『姫の竹、月の草 吉井堂謎解き暦』 浮穴みみ 著

2012/01/11(水) 15:52:19 浮穴みみ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 以前アンソロで初めて読んだ浮穴みみさん。ずっと気になってた作品でした。ようやく読めた。
 やっぱり、このかたの文章好きだーwww


【続きを読む】
Comment (-)

『花咲小路四丁目の聖人』 小路幸也 著

2012/01/11(水) 15:49:46 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 ………わたし、自分の属性を再認識しました。
 年下、萌えない……。わたし自身もう若くないのに……。
 キャラクタについてちょっとだけ、ネタばれってます。自己責任でお願いしますね。



【続きを読む】
Comment (-)

『髑髏城の花嫁』 田中芳樹 著

2012/01/11(水) 15:46:06 田中芳樹 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 『月蝕島の魔物』に続く、ヴィクトリアン・ホラー・アドベンチャーシリーズの第二弾です。
 前作発表(理論社版)からかなり時間が経ってるので、東京創元社版の『月蝕島』を読んで(再読というかたちですね)てよかったw
 えーと、今回、激しくネタばらしします。でないと感想書けないんですもん。
 なので、未読のかたは、途中まで、ここまでというところで引き返してくださいね。



【続きを読む】
Comment (-)

『無宿島』 翔田 寛 著

2012/01/11(水) 15:44:17 翔田 寛 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 小路さんが『東京バンドワゴン』や『東京公園』等でブレイクなさったので、次のわたしのプッシュはこの翔田さんです。女性には感情移入しづらい作品もありますが、短編も長編も同じようにテンション引っ張りながらラストまで読ませてくれるので退屈~というのはあまりないですよ。特にこういう江戸時代や明治の混乱期を舞台にした作品はオススメです。


【続きを読む】
Comment (-)

『世界を信じるためのメソッド』 森 達也 著

2012/01/11(水) 15:41:58 エッセイ・ノンフィクション THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
『世界を信じるためのメソッド ぼくらの時代のメディア・リテラシー』 
 これもTwitterで知った本。児童文学作家の村山早紀先生がお薦めされていた、もともとは子ども達むけに出版された、理論社の《よりみちパン!セ》叢書のなかの1冊です。理論社が、まあああいうことになってむにゃむにゃ…で、とりあえず図書館で借りました。この書影のリンクから、新たに版元を変えた新装版として入手できます。
 と に か く 読 ん で !!


【続きを読む】
Comment (-)

『東京ピーターパン』 小路幸也 著

2012/01/11(水) 15:37:58 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 …恥ずかしいことを告白しますと、わたくし、この作品を読んですぐに、ピーターパンてどんな話だったか思い出せなくてググりました……アホや(涙)

【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。