こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

2010年06月 の記事一覧

感想文いろいろ11

2010/06/28(月) 17:03:44 感想文いろいろ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
さくさく読んでますよー、ということで、また3冊ご紹介。
『神様のカルテ』、『生還 山岳捜査官・釜谷亮二』、『ブレイクスルーの科学者たち』。前2冊が長くなったので、すいませんがそのつもりでお付き合いくださいませ。




【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

作家アリスシリーズ短編2作品

2010/06/28(月) 17:01:09 有栖川有栖 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 ということで、どうにか書きました感想。ていうか、こりゃ感想にもなってない気がする…(汗)
 《ジャーロNo.39》に掲載の『天空の眼』と、《オール讀物 新春人気作家大特集号》に掲載された『ロジカル・デスゲーム』の2作品。
 単行本にまとまるのを待ってじっと我慢なさってるかたは、もうしばらく我慢です(爆)
 たいして核心に触れてるわけでもネタばれってるわけでもないとおもいますが、やっぱり読了されてからお付き合いくださいねw


【続きを読む】
Comment (-)

感想文いろいろ10

2010/06/28(月) 16:58:55 感想文いろいろ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
また長々と書こうとおもえば書けるけど、いろいろ考えた結果、盛り合わせにした方がいいかなあ…?ということで。
がーっとまとめて4作品、一気にアップ。
『正しい大阪人の作り方』、『虚数の眼』、『玻璃の家』、『なまくら』。
エッセイとサイエンスミステリーと21世紀本格の旗手と時代小説。見事にばらばら…。


【続きを読む】
Comment (-)

『綺想宮殺人事件』 芦辺 拓 著

2010/06/28(月) 16:57:18 芦辺 拓 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 なんかもう、すごいもの読んだ…!というのが読み終わってすぐの感想。
 噂には聞いてたけど、確かにこれだけペダントリーで埋め尽くされてると、ミステリだろうが奇書だろうがもうなんでもいい(笑)
 そのぶん、読む人を選んでしまう本だというのはその通りですね。でもわたしは楽しかったです♪(実はそれほど奇書に慣れてはいないんですけど)
 …ただ。感想文としては…難しいですね。なに書いてもネタばらしになってしまう…!が、頑張ってみますが…。


【続きを読む】
Comment (-)

『コンビニたそがれ堂 星に願いを』 村山早紀 著

2010/06/28(月) 16:54:22 村山早紀 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 大号泣 ふたたび☆
 なんかもう、いろんなひとに御礼が言いたい!
 こんなに優しくてやらかい物語を紡いでくださった村山先生はもちろんのこと。出版社の人たちにも。京都水無月大賞にノミネートしてくれた京都の書店員さんたちにも。この賞の存在がなかったら、わたしは今もこの優しい物語のことを知らないままでした。
 それから、このシリーズを買わせてくれたスポンサー(笑)、ウチの相方にも。ありがとう。



【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る