こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

2009年01月 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『わたしとトムおじさん』 小路幸也  著

2009/01/24(土) 22:15:19 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 読了♪♪♪
 引き続き開催中の“小路さん祭”、今年の第一弾作品ですね。
 これはまた、特別に読後感のいい作品でしたーwww
 とにかく日頃から殺人事件の話ばっかり読んでて自分でもさすがに気分が荒んでるなあと思うとき、小路さんの小説には本当に救われます。
 もっともっと多くの人に、小路さんの作品を読んでほしい。そして人間にとって人生にとって本当に大事なものは何か、子どもとか大人とか関係なくただ光り輝く自分だけの宝物を見つけるのに、とてもいい道標になると思います。


【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『たまさか人形堂物語』 津原泰水 著

2009/01/23(金) 02:20:24 津原泰水 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 実はノーチェックだった作品。興味をもったのは、大阪にあるブックカフェ<珈琲舎 書肆アラビク>さんのブログから。
 元々、お人形というものに全くご縁のない私なので、いくらあの名作『ルピナス探偵団の当惑』を書かれた津原さんであろうと、当たりかハズレかは五分五分でしたが。
 結論。大正解!買ってよかった!
 なので、お人形というものにこだわりを持つかたなら、大変楽しい1冊ではなかろうかと思います。
 ミステリというジャンルでくくるには乱暴だし、幻想的ですがしっかり現実を見据えているのでファンタジーでもなく。


【続きを読む】
Comment (-)

『七つの海を照らす星』 七河迦南 著

2009/01/18(日) 09:00:48 七河迦南 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
第18回鮎川賞受賞作。
授賞式に当人が欠席、代理人がトロフィを受け取ったことで、「もしや覆面作家か?」とあちこちで話題になって、デビュー作にしては認知度が上った気がしますが(それが作為だったとしたらあざといなあ)。
えーと、あまりいいこと書いてないです。
なので、私よりも先に読まれてこの作品に感銘を受けたというかたがいらしたらごめんなさい。こういう見方をする奴もいるんだ、ということでスルーしてくださいませ。
【続きを読む】
Comment (-)

『月蝕島の魔物』 田中芳樹 著

2009/01/14(水) 11:38:44 田中芳樹 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 さすが御大!田中ワールド炸裂です!
 それがまた、めっちゃくちゃ面白いんですからもう!
 このミステリーYA!は十代の読者が対象ということですが、いえいえ私のようなオバチャンでも充分に愉しめます♪
 とにかく、1人でも多くの人に読んで欲しい作品。
  なるべくネタバレにならないように、ご紹介したいと思います。


【続きを読む】
Comment (-)

『ケンブリッジ大学の殺人』グリン・ダニエル 著

2009/01/10(土) 14:45:04 海外ミステリ THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 昨年末の『2009本格ミステリ・ベスト10』の海外本格ミステリランキング6位の作品です。ちなみに『このミス』の方ではランクインせず。こんなに面白いのに!やっぱり私は『このミス』より『本ミス』の方が合ってるわ。
 ともかくこれで、海外ミステリランキングのベスト10を半分の5作品は読了したことになります。よかったー。
 そしてこの作品は、第二次大戦中に執筆されたそうですが、まあなんと黄金期の古典ミステリに則っていることか。
 ネタバレするおそれがありますので、未読のかたはこれより先にはお進みにはなりませんよう。



【続きを読む】
Comment (-)

『参議怪死ス』 翔田 寛 著

2009/01/01(木) 18:26:10 翔田 寛 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 つい先ごろ、江戸川乱歩賞を受賞した翔田さん。そろそろ認知度が上ってほしい作家さんの1人です。
 この作品、本格ミステリとしての要素ももちろん含みながら、それだけにとどまらないエンタメ度の高い小説です。つまりめっちゃ面白い!
 ……ただ、どうやら絶版のようです…2004年ですよ発売されたの。びーけーわんでも無理、あまぞんの中古でナント14,800円の値がついてる!一日も早く、文庫版の復刊を希望します!
 ということで、多分、未読のかたの方が多いでしょうから、ネタばらしじゃなくてご紹介ということで。

【続きを読む】
Comment (-)

謹賀新年

2009/01/01(木) 00:09:00 未分類 EDIT
あけましておめでとうございます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

旧年も頑張って読書に励んだつもりですが、今年はより一層の読書三昧生活を送りたいと思います。

掲示板同様、こちらでもよろしくお願いいたします。
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。