こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

アン・クリーヴス

カテゴリ:アン・クリーヴス の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『青雷の光る秋』 アン・クリーヴス 著

2014/03/11(火) 03:00:30 アン・クリーヴス THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
青雷の光る秋 (創元推理文庫)青雷の光る秋 (創元推理文庫)
(2013/03/21)
アン・クリーヴス

商品詳細を見る


 〈シェトランド四重奏〉の最終章。
 …………呆然。

【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『野兎を悼む春』 アン・クリーヴス 著

2014/03/11(火) 01:13:30 アン・クリーヴス THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
野兎を悼む春 (創元推理文庫)野兎を悼む春 (創元推理文庫)
(2011/07/27)
アン・クリーヴス

商品詳細を見る



 〈シェトランド四重奏〉の三作目です。冬→夏ときて今回は春。日本人としては、春夏秋冬のどこが最初でもいいけど順番どおりの刊行の方が収まりがいいと思うんですけど余計なお世話ですかそうですか。
 実を言うと、今回そんなに書くことがないんです、ミステリ的には。
 ただ、シェトランド諸島の小さな島の、人々の心理とか独特なコミュニティとかそういったものでこの長編が支えられていて、かえってその手腕にびっくりしました。

【続きを読む】
Comment (-)

『大鴉の啼く冬』 アン・クリーヴス 著 (創元推理文庫)

2013/09/25(水) 23:53:58 アン・クリーヴス THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
大鴉の啼く冬 (創元推理文庫)大鴉の啼く冬 (創元推理文庫)
(2007/07)
アン クリーヴス

商品詳細を見る


 今頃読了。遅ればせすぎて面目なさすぎ。
 いやでもこれ、以前に一度、読もうとしてるんです。たぶん。今回改めて読み始めて、「あれ?もしかしてこれ前に読んでる?」と思って読書メモをずーっと遡って、このブログのアーカイブも見て、でもタイトルすら書いてない。けどこのシーンは記憶にある…?
 ということで、前回読もうとして途中で投げて、そのまま積んでたらしいです。いったいいつだよ。覚えてないよ。
 今回さいごまで読んだいまのわたしは、前回投げた自分を投げ飛ばしたいです。

【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。