こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

ルーパート・ペニー

カテゴリ:ルーパート・ペニー の記事一覧

『警官の騎士道』ルーパート・ペニー 著

2014/03/12(水) 01:45:58 ルーパート・ペニー THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
警官の騎士道 (論創海外ミステリ)警官の騎士道 (論創海外ミステリ)
(2013/10)
ルーパート ペニー

商品詳細を見る



 やっと読めたあぁぁぁ(涙目)。楽しかったあ!
 ペニーさんのミステリは、これで邦訳された三作とも読んだはずですが、あれーなんかビール警部さん印象違うなあ、と思ったんですよね。そしたらこれ、前二作よりも前に発表された作品だったんですか。なるほどー。
 古風というと聞こえはいいけどまあ早い話が地味な展開だと思います。でも、ミステリ好きだったら愉しめるんじゃないかな。

【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『警官の証言』ルーパート・ペニー 著

2010/01/08(金) 02:30:55 ルーパート・ペニー THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 …うっかり消してしまって書き直し…(涙)頭悪すぎる……★何書いてたっけなー…。せっかく書き直すんだったら、せめて前回のだらだらと長いだけの感想文よりは、もうちょっとマシになったものが指先に乗ってくれると嬉しいのですが。
 で、伏せ字がどうのと悩むんじゃなくて、ネタばらしせずに書きなさいという神様か超絶ミステリブロガーさんからの思し召しか、はたまた私のボキャブラリーからの挑戦か、そう受け止めて頑張ってみます。


【続きを読む】
Comment (-)

『甘い毒 世界探偵小説全集19』 ルーパート・ペニー 著

2009/06/03(水) 15:22:44 ルーパート・ペニー THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 …こういうことがあるから、ぶくおふ通いが止められない…。
 こないだたまたま入ってみた近所のぶくおふにて、ばちっと眼が釘付けになったんですよ。国書刊行会の本だー!って。
 新刊のように状態が良くて帯も綺麗に付いてて、その帯がまたそそるったら!
 ただでさえ需要の少なそうなジャンルの、さらに1997年1月に出た本なんて、そう簡単には買えないでしょうね。ほくほくwww
 で、これは掘り出し物!面白かったですよー♪特に、有栖川信者の作家シリーズ大好きなかたには、めちゃめちゃ読みやすいと思います。
 図書館ででも探して読んでみようと思われたかたは、この先はネタばれ気味ですのでまず読破なさってからお進みください。


【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る