こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

高野和明

カテゴリ:高野和明 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『ジェノサイド』 高野和明 著

2011/09/02(金) 09:25:44 高野和明 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 いやーーーーー!!もうすごい!ものすごい!なんですかこの物語はッwww
 各方面で大絶賛のこの作品、ちょっと分厚いんですけど、読む価値アリ!読んでぜったい損しない!てか読まない方が人生の損!←言い切った
 分厚いしタイトル怖いし表紙もなんとなく不穏だし、と尻込みしてるそこのアナタ!とにかくなーんにも考えずに手にとって読みたまへ。
 ミステリーとかSFとかスパイ小説とか哲学とかいうカテゴリにはおさまりきらない、スケールのでっかい物語です。映画を観ているようです。ぷしゅーー…ぷすぷす(燃え尽きた音)



【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『幽霊人命救助隊』 高野和明 著

2011/09/02(金) 09:25:12 高野和明 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 わたしはあまり映画を積極的に観る方ではないんですが、【13階段】をご覧になったかたなら分かるかな、高野和明さん。
 …実はわたし、本の方でも高野作品をそんなに読んでなくて…『6時間後に君は死ぬ』くらいしか読んだ記憶がない…。
 ですが、今年はそうも言っていられない事態に!
 巷で大絶賛の新刊『ジェノサイド』、なんかもう近いうちに賞レースに乗せられて数ある文学賞のふたつやみっつ、とりそうな勢いでしょ、そうなったらもう読まなくなるのは分かってるので(天の邪鬼め)今のうちに読まねば!と現在頑張っておるわけですが。ちょっと文体に慣れるためというか予習のつもりで、読み落としてたこの作品を読んでみました。
 この作品を執筆されていた当時の高野さん、書いてて鬱にならなかったのか、ちょっと聞いてみたくなりました…(苦笑)


【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。