こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

森谷明子

カテゴリ:森谷明子 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『FOR RENT 空室あり』 森谷明子 著

2012/11/09(金) 23:13:18 森谷明子 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 書き下ろしです。なので期待大でした。
 途中で殺人事件が起こったりすることはありません。んー、スリーピング・マーダーのひとつ、ですか。迷宮入り事件の再捜査じゃなくて、少年の母親が亡くなる間際に遺した言葉が無視できなくて過去を探っていく、というお話。
 ですが。
 笑うところがどこにもなくて、ひたすら重いです。でも面白いです。
 わたしがこういうことを思うのはあまりないんですが、これは映像化してほしい☆
【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『望月のあと 覚書源氏物語「若菜」』 森谷明子 著

2012/01/11(水) 16:11:43 森谷明子 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 『千年の黙』『白の祝宴』に続くシリーズ第三弾です。
 何度も書いてますが、繰り返しますとわたくし、『枕草子』派です。源氏物語は古典の時間でもヤル気出なかったしあさきゆめみしも全部読んでないし今この齢になって改めて読みたいとも思わないし。「春はあけぼの・夏は夜・秋は夕暮れ・冬は朝」のあの書き出しから心を持っていかれたんですよ枕草子に。
 それでもこのシリーズを追いかけてるのは……。


【続きを読む】
Comment (-)

『緑ヶ丘小学校大運動会』 森谷明子 著

2011/09/07(水) 19:32:46 森谷明子 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 わたし、森谷明子さんという作家さんは、平安時代絵巻本格ミステリの方が合ってると個人的には思うのです(紫式部のシリーズや『七姫幻想』他)。人気と評価の高い連作短編集『れんげ野原のまんなかで』も確かに悪くないけど平安時代モノに比べると印象は少し薄い。現代モノはなんとなく、謎とその解明部分が全体的な雰囲気から少し浮いてる感じ。偉そうなこと言ってごめんなさいですが、正直な感想。
 ところがっ!この新作はお見事!!なんと面白くてよく纏まってることか。
 フーダニットやハウダニットじゃなく…なんというか、何が起こってるのかという見当はあっさり分かるけれど、いろいろな手掛かりと物語の展開のペースがばっちりかみ合っててぐいぐい読んでしまう。リーダビリティに優れた作品でした。お薦めw


【続きを読む】
Comment (-)

『白の祝宴 逸文紫式部日記』 森谷明子 著

2011/09/02(金) 09:23:30 森谷明子 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 くっはーーーwww何年も待ってた甲斐がありましたわーーwwww
 前作『千年の黙 異本源氏物語』がもう素晴らしい本格ミステリだったので、続編が出ると知ってからの長いこと長いこと!
 その期待はこれっぽっちも裏切られず。いやもういくらゆっくり読もうと思っても、ページを繰る手が止まらんのですよ♪結局徹夜しちゃったよw
 えーと、このシリーズに、古典の知識はそんなに要りません。いやもちろん最低限の常識程度はあった方がいいし、それ以上のちょっとした時代背景とか時系列とかも知ってた方がより面白くなるのは確かですが。
 ともかく、古典は苦手、というかたも、しり込みしないで一度読んでみてください。

【続きを読む】
Comment (-)

『矢上教授の午後』 森谷明子 著

2009/08/08(土) 14:29:38 森谷明子 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 多分、寡作な方じゃないかと思う森谷さんですが、今年は頑張ってはりますねw
 このかたの作品はとりあえず全部読む!と決めている私なので、もちろんすぐに買いました。
 この帯の惹句が、それから三橋さんの推薦文が……どうなんだろうと思うところはありますが、まあでもミステリには違いないのでいいかな。
 ということで、既読のかた、これから先も読む予定のないかたのみお進みください。


【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。