こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

西澤保彦

カテゴリ:西澤保彦 の記事一覧

『身代わり』 西澤保彦 著

2009/12/04(金) 00:27:24 西澤保彦 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 タック・タカチシリーズの最新刊。
 前作『依存』からもう9年も経ってたのかー…。はあぁ。って、リアルタイムではなく文庫落ちしたのを読んだので、9年も待ってませんが。
 『解体諸因』から始まるこのシリーズは、西澤作品の中でも特に好きで既刊は全部読みました。再読してるタイトルも多い。が、『依存』だけはどーしても再読できない。1度読んだだけで忘れられない上、あまりのショックで精神的に私までナーバスになってしまったほどです。でもそれでも好き。
 そしてこの最新刊です。待ちに待った続編です。
 例によってネタばらしにつながる表現が出てきますので、未読のかたはここでストップしてくださいますよう。ちなみに、『依存』を読んでいないと意味不明なところが多いです。このシリーズを知らないかたは、最初から通して読まれることをお勧めします。



【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

ページの最初に戻る