こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

浅暮三文

カテゴリ:浅暮三文 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『ぽんこつ喜劇』 浅暮三文 著

2009/03/06(金) 14:38:19 浅暮三文 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 またなんとも読者を選ぶ本です(笑)
 浅暮さんの作品をお好きなかたには楽しいですが、どうにも馴染めないわーと過去に思ったことのあるかたには、絶対にオススメできません★
 私はというと、まー楽しかったことったら!
 ところが、いざ感想を書くとかご紹介するとかいうことになると、書きようがないなあとも思ったり。最初から最後までが「実験小説」なので、ネタバレどころか……うむむ。
 興味があるとか迷ってるというかたのみ、この先にお進みください。


【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

アサグレ・ファンタジー

2009/02/21(土) 20:32:49 浅暮三文 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
昨日図書館から借りてきた数冊のうち、2冊読了。

浅暮三文さんの『左眼を忘れた男 I wanna see you』と『異人類白書』。

………アサグレワールド全開なもので、これは読み手を選びますわ(笑)

デビュー作の『ダブ(エ)ストン街道』(講談社文庫)を既読で、なおかつ好みに合ったかたなら多分、するりと読めると思います。
が、この『ダブ(エ)ストン街道』で早くも蹴躓いてしまったかたには、オススメできませんね…(苦笑)

でもあえて言うなら、『異人類白書』(ポプラ社)だったら、それほど抵抗なく、くすくす笑って読めるかと。

てことで、感想文になるのかどうか甚だ怪しいのですが……。

『異人類白書』のご紹介をしてみますね。


【続きを読む】
Comment (-)

『殺しも鯖もMで始まる』 浅暮三文 著

2008/09/04(木) 08:19:43 浅暮三文 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 講談社ノベルス20周年記念の、メフィスト賞作家による、<密室>をテーマとした競作書き下ろし本、だそうでして、つまり2002年。
 それを今頃読んでる私…。
 浅暮先生とミステリって、それも密室って、全然イメージが合わないのですが、読了した感想を一言で言うと、
「なんとまあ、浅暮先生らしいなあ」(苦笑)
なのにかっちりした密室ミステリなんですからもう(笑)
 という訳で、未読のかた、ネタバレがダメなかたは、ここで回れ右してくださいませ。



【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。