こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

小路幸也

カテゴリ:小路幸也 の記事一覧

『踊り子と探偵とパリを』 小路幸也 著

2015/06/18(木) 14:56:11 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
踊り子と探偵とパリを
小路 幸也
文藝春秋


 おっっっっもしろい!!ブラヴォ!!
 そして実に小路さんらしいお話。
 いい人、というより、心根の真っ直ぐで誠実な若者と、正体不明というかほんの少しの胡散臭さをまぶして頭のキレと手際がよくて大らかでカリスマ性のある年長者の、友情と信頼と愛情がみっしり詰まった、楽しいあたたかい物語。
 そしてね、恋をする、愛に生きるというこっ恥ずかしいけど大事なものを、ちょっと懐かしく思い出したりもしていました。 【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン』 小路幸也 著

2015/06/18(木) 14:44:21 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン
小路 幸也
集英社


 はー……泣きました泣きました。いろんな意味で泣きました。シリーズ10作目は、そのとおりにいろいろ節目の一冊な気がします。
 もう10冊目、ドラマ化もされて、版を重ねて、広く認知されているのでしょうが、この新作はもっともっとたくさんの人に読んでもらいたくてたまらない。
 生きていくうえで大切なことを、こんなに丁寧に楽しく読ませてくれる〈小説〉は、そうそうないです。LOVEだねぇは伊達じゃないです。
 あああもう何書いてもこのお話の良さには届かないんですが、とにかく堀田家バンザイ!!
 (今回は派手にネタばらししそうな気がしますので、できれば読了後にお付き合いください)

【続きを読む】
Comment (-)

『札幌アンダーソング 間奏曲』 小路幸也 著

2015/06/18(木) 14:33:40 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
札幌アンダーソング 間奏曲 (角川書店単行本)
小路 幸也
KADOKAWA / 角川書店


 はい、天才で変態で超美少年の春(しゅん)くん再び。相変わらず天使のような美少年。中身は……げぶんげふん。
 まずこの表紙イラカトがね……春くん花背負ってますよ、それがまた似合ってるというかぜんぜん違和感ないですよ(苦笑)
 お姉さんたちのお下がりの服もさらりと着こなし、それでこの容貌。天使とは彼のことかと思いますよ普通は。
 普通はね……。
 あ、大事なこと。面白かったです!

【続きを読む】
Comment (-)

『少年探偵』 小路幸也 著

2015/03/22(日) 20:09:13 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
少年探偵 (一般書)少年探偵 (一般書)
(2015/01/15)
小路 幸也

商品詳細を見る


 ブラボー!!!
 これはすごいです素晴らしいです!!
 子供の頃、学校の図書室で明智小五郎と怪人二十面相の対決の数々、あの〈少年探偵団シリーズ〉を夢中になって片っ端から読破していったあの興奮を思い出しました。あのシリーズへの、江戸川乱歩へのオマージュ作品なんですが、現代作家である小路さんが書かれているだけに、わたしは大乱歩より読みやすくて好きです。
 こういう解釈の仕方もあるのか!とびっくりしました。
 とにかく、あの少年探偵団シリーズ、明智小五郎の探偵小説を読んだことのある人は読まなきゃ損です!
【続きを読む】
Comment (-)

『旅者の歌 中途の王』 小路幸也 著

2014/12/30(火) 19:48:34 小路幸也 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
旅者の歌 中途の王旅者の歌 中途の王
(2014/12/16)
小路 幸也

商品詳細を見る


 前作『始まりの地』からちょうど一年。はい、シリーズ第二弾です!
 電子書籍、SONYのReaderではもう完結巻である第三弾も連載されてますね。わたしはじっと我慢の紙の本待ち。
 ですが。
 今からでもReader買っちまおうかと思ってしまうくらい、続きが読みたくて読みたくて震えております……!プルプル
 ハイ・ファンタジーだからこそ向き合える、深遠な問い。衒いもなく読める世界。
 小路さんが生み出す世界は、明るく優しく大らかで、そして厳しい世界です。でも、不安になったり読むのがつらくなったりしないのが小路マジック。
 それにしても、いったいどれだけの引き出しをお持ちなのでしょうか、小路幸也という作家さんは……。
【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る