こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

翔田 寛

カテゴリ:翔田 寛 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『探偵工女 富岡製糸場の密室』 翔田 寛 著

2014/11/30(日) 20:12:38 翔田 寛 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
探偵工女 富岡製糸場の密室探偵工女 富岡製糸場の密室
(2014/08/05)
翔田 寛

商品詳細を見る


 先ごろ世界文化遺産に登録された、富岡製糸場と絹産業遺産群。もちろん歴史の時間に、明治時代の重要な存在として習った記憶はありますが、実のところ近代はこれっぽっちも興味がないワタクシ、位置づけとか工場の大きさとかそういうものを一切気にしてませんでした。
 そんな実在の建物と、当時の情勢がこの作品の核であるからには、これは明治初期を舞台にした社会派ミステリなのかもしれないなあ、と思います。
 翔田さんの作品は最近かなり読みやすくなってきたので、興味のあるかたはどうぞ~。


【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『築地ファントムホテル』 翔田 寛 著

2012/06/27(水) 00:00:40 翔田 寛 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 翔田さんの最新刊です。ずっと読まないと読まないとと思いつつ積んでましたごめんなさい。(だから買うとつい積んでしまう…図書館本で期限が切ってある方が、さくさく読めるよね)
 AXNミステリーの講談社の番組で、翔田さんがこの新刊についてのインタビューに答えていらして、ああこういう話し方をなさるかたなのねえ、とか、江戸~幕末~維新後あたりを舞台に書くことの意味とか。ほうほうと見てました。
 先にツイッターで読了直後に呟いたことでもういいかと思ったけど、一応感想書いとく。


【続きを読む】
Comment (-)

『忍者侍☆らいぞう 魚売りのはつ恋に肩入れする』 翔田 寛 著

2012/01/11(水) 16:09:33 翔田 寛 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 はーい翔田さんの新刊でーす!またまた文庫書き下ろしでーす。おかげで新作がさくさく出て嬉しい嬉しいwww
 で、表紙イラスト見てびっくり。…なんかぜんぜん、今までの翔田さんの作品にはなかったカラーですねえ(苦笑)
 これで時代小説の棚に並んでたら、さぞ目を引くことでしょう。うん。
 その戦略が当たればいいな☆



【続きを読む】
Comment (-)

『無宿島』 翔田 寛 著

2012/01/11(水) 15:44:17 翔田 寛 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 小路さんが『東京バンドワゴン』や『東京公園』等でブレイクなさったので、次のわたしのプッシュはこの翔田さんです。女性には感情移入しづらい作品もありますが、短編も長編も同じようにテンション引っ張りながらラストまで読ませてくれるので退屈~というのはあまりないですよ。特にこういう江戸時代や明治の混乱期を舞台にした作品はオススメです。


【続きを読む】
Comment (-)

『桜吹雪の雷刃 やわら侍・竜巻誠十郎』 翔田 寛 著

2011/09/02(金) 09:26:48 翔田 寛 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 あああとうとう終わってしまいましたー…。
 第一部が。  え?
 はい、裏表紙にそう書いてありました。てことは、第二部に続くってことですな♪ああ嬉しやww
 ただ、やっぱり男の世界は厳しいのう……生きるか死ぬかの時代の男社会って、大奥とは違うえげつなさだと思う。なんでもありで生き延びるのが一番の目的。でも、名乗らなかったり背後からの不意打ちなどを卑怯だとする通念は、武士道ですよね。日本人って昔はそうして自分の命にも名前にもちゃんと責任を負ってたんやなあ、と最近の放射能騒動(一部ヒステリー)を見ていて思うのでした。

【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。