こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

津原泰水

カテゴリ:津原泰水 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『たまさか人形堂それから』 津原泰水 著

2013/11/08(金) 01:09:08 津原泰水 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
たまさか人形堂それからたまさか人形堂それから
(2013/05/24)
津原 泰水

商品詳細を見る


 前作『たまさか人形堂物語』が面白かったので、その続編と聞いたら読まずにいられますかっての。
 人形にはぜんぜん詳しくないんですけどね……。
 ミステリー…、かなあ、ちょっと違う気がするけど。ミステリー風味の普通に一般小説な感じです。でもこれが、ちっとも一般じゃない(どっちだ)
 キャラクタがひとりひとり立ってるし、セリフもモノローグも楽しいので読みやすいですよ。
 連作短編集ですが、前作の『たまさか人形堂物語』を踏まえての話が多いので、できればこの前作を読んでからの方がより楽しめると思います。 【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『たまさか人形堂物語』 津原泰水 著

2009/01/23(金) 02:20:24 津原泰水 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 実はノーチェックだった作品。興味をもったのは、大阪にあるブックカフェ<珈琲舎 書肆アラビク>さんのブログから。
 元々、お人形というものに全くご縁のない私なので、いくらあの名作『ルピナス探偵団の当惑』を書かれた津原さんであろうと、当たりかハズレかは五分五分でしたが。
 結論。大正解!買ってよかった!
 なので、お人形というものにこだわりを持つかたなら、大変楽しい1冊ではなかろうかと思います。
 ミステリというジャンルでくくるには乱暴だし、幻想的ですがしっかり現実を見据えているのでファンタジーでもなく。


【続きを読む】
Comment (-)

『ルピナス探偵団』シリーズ 津原泰水 著

2008/09/03(水) 11:06:53 津原泰水 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
『ルピナス探偵団の当惑』
『ルピナス探偵団の憂愁』
 昨年末に『憂愁』が刊行されたのを機に、積読だった文庫版『当惑』をサルベージ。シリーズとして一気に読みました。
 色んなジャンルの小説を書かれる著者ですから、ミステリとして意識したことはあまりなかったのですが、これはれっきとした謎解きです。
 未読のかた、ネタバレしておりますので、まずは本書を読了されることをオススメします。
【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。