こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

その他一般

カテゴリ:その他一般 の記事一覧

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『虹猫喫茶店』 坂井希久子 著

2015/06/18(木) 14:41:00 その他一般 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
虹猫喫茶店
坂井希久子
祥伝社


 このタイトルと、この表紙と、この帯。猫好き猫飼いの心を鷲掴みじゃないですか?!猫好きホイホイとはまさにこのこと……。
 ということで早速取り寄せました新刊。坂井さん初読みです。
 いい話ダナーというのではなく、今もどこかに展開されているようなありきたりの猫のいる世界の日常と、ミステリアスな喫茶店のオーナーのツンデレっぷりを愉しむのがよろしいかと思います~。
【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『夏服少女からの伝言 午前0時のラジオ局』 村山仁志 著

2015/06/18(木) 14:37:29 その他一般 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
夏服少女からの伝言 午前0時のラジオ局 (PHP文芸文庫)
村山 仁志
PHP研究所


 ……あ、あれ?前作というか一作目の感想、書いてない……?あらら(汗)読んだのに!……うううもう今から、この続編を読んだ後では、一作目の感想書けないですわたし……すみませんすみません。
 著者は長崎放送の現役のアナウンサーさんです。そして、村山早紀先生の弟さんでもあります。「三井雷太」名義で小説も出されている兼業作家さんなのですがわたしはそちらのお名前ではまったくご縁がなくて、ご本名でようやく村山先生の弟さんだとツイッターで知った次第で……。本読みっても、本格ミステリに偏ってたらこんなもんですよね……ですよね?(自信も根拠もない)
 ラジオアナウンサーとしての描写と、ファンタジーっぽい(やたら明るい)幽霊さんたちの生き生きとして(幽霊さんに生き生きっていうのも変ですが、まさか死に死にってわけにもいかず)優しい想いに、読後感の良いシリーズになってます。

【続きを読む】
Comment (-)

『飛ぶ教室40号 (2015年冬) (もっと童話をたのしもう!)』

2015/03/22(日) 20:19:43 その他一般 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
飛ぶ教室40号 (2015年冬) (もっと童話をたのしもう!)飛ぶ教室40号 (2015年冬) (もっと童話をたのしもう!)
(2015/01/25)
山下明生、やえがしなおこ、如月かずさ、昼田弥子、まはら三桃、松田青子、大道珠貴、柏葉幸子、陣崎草子、小路幸也、今江祥智 ほか

商品詳細を見る


 ええと、小路さんが「初めて意識して正面から児童文学を書いた」というお話が掲載されていまして、やっぱり小路ワールドなのでお好きなかたはぜひ☆
【続きを読む】
Comment (-)

『公園で逢いましょう。』 三羽省吾 著

2014/09/10(水) 17:05:58 その他一般 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
公園で逢いましょう。 (祥伝社文庫)公園で逢いましょう。 (祥伝社文庫)
(2011/09/01)
三羽 省吾

商品詳細を見る


 今年六月に大賞が決まる、京都水無月大賞の候補作です。ツイッターで候補作品がツイートされてきて、タイトルぜんぶメモった中から読んでみました。ちなみに、三羽省吾さんて初めて読む作家さん。てか、お名前すら初めて知りましたすみませんすみません。
 ミステリ読みがこういう一般文芸を読むと、逆に一般文芸のセオリーを知らなくて良いか悪いかもわからないまま読み終わったりすることもあるんですけど、これは面白かったなーと素直に思いました。

【続きを読む】
Comment (-)

『Station 小冊子付き特装版 タクミくんシリーズ』 ごとうしのぶ 著

2014/07/19(土) 11:46:53 その他一般 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
Station 小冊子付き特装版    タクミくんシリーズ (角川ルビー文庫)Station 小冊子付き特装版 タクミくんシリーズ (角川ルビー文庫)
(2014/01/31)
ごとう しのぶ

商品詳細を見る


 もしかしなくても、BLの感想書くのって初めてですよね(苦笑)
 はーーーー……とうとう完結してしまいました、タクミくんシリーズ。20年ですよ20年!
 一般文芸とか、遅筆の某作家さんとか、人気推理作家さんのシリーズとかなら、十数年~ン十年続いてもまあ幅広いファンがいるからわかるんですけど、BLでこの年月シリーズを引っ張ってきてドラマCDとか舞台とか映画とかまで作られた作品ってそんなにないと思います。
 文章力という視点で話すと微妙なことの多いBLですが(わたしが読んでたのがそんなのばっかりだったとも言います)、まあそこはそれ、ひとつのシリーズが終わったことを感慨深く振り返りたいので感想書きます。

【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。