こんな本読みました。

読んで感じて書き出して、そして忘れていく。備忘録ブログ。

ミステリ・その他

カテゴリ:ミステリ・その他 の記事一覧

『星読島に星は流れた』 久住四季 著

2016/11/16(水) 20:02:03 ミステリ・その他 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
星読島に星は流れた (ミステリ・フロンティア)
久住 四季
東京創元社
売り上げランキング: 164,057


『星読島に星は流れた』 久住四季 著(東京創元社)
 いやー、この作品、ツイッターのミステリ界でものすごい話題になりましてね。まずこの久住四季さんというお名前だけでもコアなファンが大喜びで(ラノベで知名度の高いかたで、その作風のミステリの強度から将来の本格ミステリ作家としての期待も背負い、しかしいろいろあって新作が出せなかったそうな。詳しくは知らないんですが)、そのうえこの新刊が絶賛絶賛で。そこまで言われたら読んでみたいじゃないですかw
 ほぼ一気読みでした。すんごい読みやすい!
 本格ミステリとしても、今年のミステリランキングにはぜったいに入るだろうと思います。
 ……それなのに、褒めてるんだかなんだかよく分からない感想になってしまってすみません、褒めてるつもりで書いたんですよ~(苦笑)

【続きを読む】
スポンサーサイト
Comment (-)

『半導体探偵マキナの未定義な冒険』 森川智喜 著

2015/06/18(木) 14:47:00 ミステリ・その他 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
半導体探偵マキナの未定義な冒険
森川 智喜
文藝春秋


 確かわたしはお初だと思う、森川さんの作品。……白状しますが、つい最近まで円居挽さんと区別がつかなかったおばちゃんですみません……(汗)
 そして、第14回本格ミステリ大賞を受賞されたというのに、『スノーホワイト~』未読(ていうか、序盤で挫折……)で重ね重ねすみません。
 でもでも!このマキナちゃんは大丈夫でした!
【続きを読む】
Comment (-)

日本探偵小説全集〈5〉浜尾四郎集 (創元推理文庫)

2014/07/19(土) 11:50:55 ミステリ・その他 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
日本探偵小説全集〈5〉浜尾四郎集 (創元推理文庫)日本探偵小説全集〈5〉浜尾四郎集 (創元推理文庫)
(1985/03)
浜尾 四郎

商品詳細を見る


 浜尾四郎さん。戦前、というか明治29年、男爵家の四男としてのお生まれという貴族様で、検事から弁護士ののちに探偵小説作家になったかたです。
 お名前だけは知ってたんですけどねえ、なかなか読むタイミングが……。
 いや、すごいですよ、法律的探偵小説ってそのとおりだった。そして面白かった!

【続きを読む】
Comment (-)

『ラガド 煉獄の教室』 両角長彦 著

2010/05/01(土) 11:16:18 ミステリ・その他 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 綾辻先生の帯コメントを見て衝動買い。第13回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作品だそうです。
 うーん、新人さんというと、私にとっては、こないだの梓崎さんという超新人離れしたデビュー作品を読んだ後といういささか分が悪いタイミングだったので、フェアに感想を書けるかどうか微妙なところですが…。
 ただ、読み出したら一気に最後まで突き進んでおりました。
 ええと、とにかくミステリーです。感想を書くということはネタばれってると思ってください。これより先、未読のかたは自己判断で。

【続きを読む】
Comment (-)

『弁護側の証人』 小泉喜美子 著

2009/05/06(水) 23:20:31 ミステリ・その他 THEME:読んだ本の感想等 (ジャンル : 小説・文学 EDIT
 本格ミステリ読みのツワモノさんたちのレビューを見て、これはぜひ読まねば!と図書館で検索して、近々借りるつもりだった作品。
 そんな傑作がめでたく復刊されたので、わくわくしながら買いました。読みました。
 はーー。分かる。なんでそれほど絶賛されるのか。そしてこの豪華な帯も、さもありなん、ですよ。
 もうもうこれは、ぜっっったいに未読のかたはこの先にはお進みならないでくださいませね!


【続きを読む】
Comment (-)

ページの最初に戻る